2019年03月24日

樹氷現る

暫く暖かい日が続いていたと思ったら、昨日からいきなり冷え込みがきつくなり、夜半から降りだした雪は明け方までに凡そ10cm程度の積雪になっていた。
久しぶりの新雪なのでここは滑らない手は無いと、いそいそと岩岳スキー場まで出かけてきた。
予報では晴れとなっているのだが、厚い雲に覆われていて北アルプスの眺望は無い。
こうなるとスキーの魅力も半減してしまうのだが、楽しみは他に見出すしかない。
DSCN4305.JPG
頂上付近には立派な樹氷が出現して、薄鼠色の雲のキャンパスの中、幻想的な雰囲気を醸し出している。
DSCN4315.JPG
これも自然の妙というものなのであるから、大いに楽しむことに越したことは無い。
DSCN4310.JPG
本当のことを言えば、パックは青空のほうがよいのだが、厚い雲は微塵とも動かないので諦めが肝心だ。
それはそうと、昨日はやけにヘリコプターが洗濯船の上空を何回も飛行していたが、八方尾根から唐松岳への登山者であろう3名が滑落したとの情報があり、内一名は未発見とのことである。
一昨日までの暖かさで融け始めた雪が、昨日の冷え込みと風でクラフトしてアイスバーン状態になってしまったことは疑う余地も無い。
ちょっとしたことで滑落してしまうことは間々あり、冬山登山の技術や装備に加え、体力とともに細かな注意・判断力が生死を分けることの常識を良く噛みしめてから行動してほしいものだ。
スキー場の斜面でさえ、降り積もった10cmの新雪の下は硬いアイスバーンになっていて、切れるエッジが利かないことががる。
アイゼンの爪とピッケルの歯の許容範囲であったかどうか、この範囲内で自身の行動を制御すべきで、自信過剰は事故の元だ。
これは自分自身への問いかけでもある。

posted by みのさん at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記