2019年01月06日

火入れの儀

年末年始の繁忙も一息となったところで、二週間ほどの間、ついぞアンプには電源投入しない日々が続いたので、今日は寸暇を惜しまず、オクターブのプリとマッキントッシュのパワーに火を入れて、マッキントッシュのXRTスピーカーの目を覚ますべく、アマデウスのアナログプレーヤーの皿受を回し始めた。
最初にチョイスしたのは、ルドルフ・ケンペ指揮トーンハレ管による、ドボルザーク新世界だ。
DSCN3989.jpg1.jpg
出てきたひどい音に愕然となってしまった。
余りにも醜い籠りきった音には、ことばを失い気絶しそうになった。
毎年、聞き始めはケルテスの新世界だったのを、今年はケンペに代えてしまったことだけが原因ではないだろう。スイスexlibris盤は音質に定評があるはずなのだが。
気絶していても始まらないので、ここは我慢のしどころと気を強く持って耐え忍ぶことにした。
お皿を裏返して、大好きな4楽章に入ってようやく何とか聞けるようになってきたが、心は躍らない。
DSCN3991.jpg2.jpg
仕方が無いので、いつものケルテスに登場願って、ブラームスのセレナーデ2番とドボルザーク吹奏楽のためのセレナーデで、心安らかになれるように、モノラル・カートとデッカ・カーブで再生した。
このころになって、少しばかりシステムの調子が上向いてきたように思うが気の所為か、いや、デッカの音では無い。
DSCN3992.jpg3.jpg
確かめるためには、優秀録音に登場願うしかないと、コリン・デイヴス一世一代の名演・名録音・高音質との評価があるフィリップス赤盤ストラヴィンスキー春の祭典を持ち出してみた。
まあー、何とか聞けるようになってきたのは確かなのだが、未だ切れが足りない。
今日のところはこのくらいにして、明日以降も火入れをしないと、このシステムは許してくれないのかもしれない。
なんか疲れてしまった。
何だ、調子が悪いのは自分自身だったのか。
気力・体力・持続力が底を突いているのかもしれない。
posted by みのさん at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブな部屋