2018年12月22日

孔雀苔

昨夜からの空しい雨音が今季のスキー・シーズンを暗示しているようだ。
これでは、幾ら標高が高くても粉雪にはならないだろう。
それでも八方尾根のゲレンデには、チラホラ滑っている人の姿がある。
これはさておき、シダ類には知る人ぞ知るところの有名な孔雀シダがあり、内緒なのだが洗濯船の庭の彼方此方にある。今は雪の中なのでお目にはかかれない。
一方、蘚苔類の中にも孔雀を名乗る苔があり、一部の人には熱烈に愛好されている。
DSCN3987.JPG
今冬のシーズンは、一部をコケリウムにしたので、来館された方にはお目通しができるようになった。
来春以降は、洗濯船の庭にこの苔専用の場所を確保してあげようと思う。
posted by みのさん at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘚苔・地衣類図鑑