2018年12月31日

ゆく年

DSCN1906.JPG
年度末は久しぶりの青空が広がっています。
今年も色々な事が沢山ありました。
趣味の世界を集束方面に向かおうとしていましたが、むしろ拡散方向にと、逆ベクトルになってしまっているようで困ったものです。
これまで洗濯船や私達を応援していただいた多くの方々には、感謝・感謝の一言に尽きます。
皆さまにおかれましては、程良い新年を迎えられるよう祈念しています。
posted by みのさん at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月29日

冬の白馬らしく

このところの寒波の来襲で、白馬の冬らしい雪景色になってきた。
連日にわたって除雪車の出動もあり、洗濯船の周りも一面白いキャンバスになっている。
しかしながら、毎日の積雪量は差ほどではなく、わが家の除雪機は未だ稼働していない。
今のところは、人力での除雪で何とかなっている。
年末になり、彼方此方で人や車の数が増えてきている。
昨日の夕方は、雪道に慣れていないのか車の事故が多発していて、事故渋滞に巻き込まれた所為で宅急便の配達が遅れに遅れて、配達員が疲労困ぱいしていた。
今シーズンは未だスキーの初すべりをしていないが、年末年始の繁忙後に新年の初すべりをしよう。
雪がしんしんと降っている。
明日も除雪車がやってくるだろう。
気力・体力を持続しなくては。
JR大糸線は南小谷から糸魚川までの間、大雪の影響で運転を見合わせている。
やっと、らしくなってきた。
posted by みのさん at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月24日

クリスマス・イブ

今日はクリスマス・イブの所為か、夕方のコンビニエンス・ストアには、セブン・イレブンのケーキを購入する人でごった返していた。ほとんどは外国人なのだが、コンビニのショート・ケーキで間に合わせようとの魂胆が、まる見栄なのが微笑ましい。
近頃、何でも簡単に世話なく済ませてしまうと言った世相は、外国人も日本人も一緒なのだと思うが、これに慣れてしまっていては、まんまと販売戦略に乗せられていて、気持ちが伝わるとは誰も思わないだろう。
まあー、せっかくなのだから、今日はクリスマス・アルバムなど引っ張り出して、気分を盛り上げようと思ったりする。
ホワイト・クリスマスの今宵は、10インチのステレオ録音された、このアルバムを聴くことにしよう。
DSCN3988.jpg1.jpg
マントヴァーニー・クリスマス・アルバム
第1面
1.まきびと ひつじを
2.あめにはさかえ
3.神はなんじらを安息させたもう
4.よきかなウェンセスラス王
5.オー・ホーリー・ナイト
第2面
1.もろびとこぞりて
2.清しこの夜
3.ナザレス
4.ああベツレヘムよ
5.アデステ・フィデレス
説明書きに、スローなラテン・タッチでの演奏とあり、古き良き時代を彷彿とさせる。
メリー・クリスマス!!
posted by みのさん at 20:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の聴こえてくる風景

2018年12月22日

孔雀苔

昨夜からの空しい雨音が今季のスキー・シーズンを暗示しているようだ。
これでは、幾ら標高が高くても粉雪にはならないだろう。
それでも八方尾根のゲレンデには、チラホラ滑っている人の姿がある。
これはさておき、シダ類には知る人ぞ知るところの有名な孔雀シダがあり、内緒なのだが洗濯船の庭の彼方此方にある。今は雪の中なのでお目にはかかれない。
一方、蘚苔類の中にも孔雀を名乗る苔があり、一部の人には熱烈に愛好されている。
DSCN3987.JPG
今冬のシーズンは、一部をコケリウムにしたので、来館された方にはお目通しができるようになった。
来春以降は、洗濯船の庭にこの苔専用の場所を確保してあげようと思う。
posted by みのさん at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘚苔・地衣類図鑑

2018年12月21日

玉きくらげ

きくらげの仲間の玉きくらげが、雪の上に折れたコナラの枝についていた。
DSCN3967.JPG
普通にコナラの枝には生えているのだが、玉のようなゼリー状にびっしりと張り付いていると、不思議がいっぱいとなる。
DSCN3971.JPG
きくらげと言うように、このキノコは食べられるので、食べ方の方法もいろいろあるようだ。
一説によると、歯ごたえのあるキノコとのことだ。
わが家では、自前の椎茸以外は食していないので、味わいは不明だ。

posted by みのさん at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 菌類

2018年12月19日

鳳凰苔

今朝がた、今季二回目の除雪がはいった。
大した降雪量では無く、前回同様20pといったところか。
ただ日中も雪が降り続いているので、明日の朝には三回目の出動があるかもしれない。
問題は外気温で、氷点下には届かず、2℃〜3℃なので湿雪となり、道路などはぐしゃぐしゃ状態だ。
湿度の多い方が好きな苔達のために、室内では加湿器を稼働させている。
本当は自分たちのためなのだが、暖房すると湿度が30%代までになるので、人間にとってもよろしく無いのだ。
鳳凰苔は、鳳凰が羽をひろげた様子にあやかって付けられた名前で、苔の中ではけっこうな人気者なのだが、日本には40種あり、世界的には800種もあるそうなので大所帯な仲間達だ。
わが家の鳳凰苔は、日本全国でも見られる、この種の中では大型である
鳳凰苔
DSCN3964.JPG
と、相当小さな、黒土を焼き固めた粒は1mm以下なので大きさが判断できると思う
姫鳳凰苔
DSCN3961.JPG
がいる。
どちらもとても可愛いのだが、わが家の室内では乾燥気味の所為か、羽の広がりは小さくなっているようだ。
此方は体調が芳しくなく、縮んでいるので、お相子様だろう。
posted by みのさん at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘚苔・地衣類図鑑

2018年12月14日

初出動

昨夜半から本格的な雪降りになり、夜明け前には除雪車が初出動して、道路の雪を左右に押し分けていった。
今年初の一面の雪景色となり、わが家も除雪体制をとり、早速除雪車の押し分けていった雪塊を片付けた。
凡その積雪は、20p程度なので、どおってことはないが、風が吹きつけてくるととても寒い。
ぼおっと雪景色に見とれていたいのはやまやまなのだが、所用があるので出かけることにする。
今日一日雪降りとの予報なので、暖かく着込んで風邪をひかないようにしないといけない。
雪は未だちらちらと降っている。
posted by みのさん at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2018年12月12日

地衣類いろいろ

名前はコケとついているが、古の分類の名残なので、致し方ない。
昨夜から降り始めた雪ではあったが、夜が明けると早々に融けてなくなった。
洗濯船の苔庭の整備は一段落したので、今日は寒い中ではあるが、庭の地衣類を紹介すべく歩き回ったりした。
樹の幹や岩に生えているので、何時でも何処でも観察できることもあり、普段はあまり気にかけないことが多い。
しかしながら、その生体は菌と藻とが共生していると言った不思議な美しさがあり、マクロレンズを通して見なければならない猥雑さをもってしても、侮りがたいのだ。
本来は顕微鏡を使用して、名前を確認しなければはっきりしないのだが、曖昧なところで名前を特定しているので、程良い加減と諦めてほしい。
ゴンゲンゴケ
DSCN3883.JPG
センシゴケ
DSCN3884.JPG
ナミガタウメノキゴケ
DSCN3885.JPG
ヤリノホゴケ
DSCN3902.JPG
チャシブゴケ
DSCN3931.JPG
チャシブゴケ レカノラメガロケイラ
DSCN3904.JPG
ハコネイボゴケ
DSCN3907.JPG
モジゴケ
DSCN3925.JPG
サネゴケ
DSCN3926.JPG
クサビラゴケ
DSCN3941.JPG
トゲカワホリゴケ
DSCN3953.JPG
ダイダイゴケ
DSCN3951.JPG
オオカノゴケ
DSCN3957.JPG
未だ未だ得体の知れない地衣類があるのだけれど、今後の課題としておこう。
30倍のルーペぐらいでは解らないのだ。
お陰で風邪が悪化したではないか。
posted by みのさん at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘚苔・地衣類図鑑

2018年12月10日

氷点下の日

今日は気分転換と所用があって長野市を経由して飯綱高原、戸隠高原に行き、鬼無里を廻ってきた。
DSCN3846.JPG
飯綱高原では、観光ポスターで有名な蕎麦畑からの戸隠連峰を眺望したが、もちろん蕎麦の花はとうに終わっていて、初冬の雰囲気がたっぷりだった。
DSCN3866.JPG
戸隠高原での有名所は、鏡池からの戸隠山なので、途中所々の雪道もあったが、最強の4WDとスタッドレスタイヤなので何の問題もない。問題だったのは、冷たい風が吹き抜けていて、湖上はさざ波が打ち、鏡ではなかったことだ。中途半端な雪山なのも、身体と心が冷えていく。
DSCN3875.JPG
寒中のドライブの続きは、観望峠からの眺望はあまり良くないので通過し、鬼無里を通り、白馬村に入って何時もの白沢峠からの北アルプス展望をする。夕刻近くになっていたので翳のような山々を目の当たりにする。
今日は一日中氷点下の外気温だったのにもかかわらず、普通の服装で行ったものだから、寒さが身に堪えたようだ。
posted by みのさん at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月06日

コケリウム参上

洗濯船の苔庭も大分落ち着いてきて、よく観察してみると沢山の種類がある。
これからは雪の中に入ってしまい、春の雪解けまでお目にかかれないのだが、今年はコケリウムにして身近に置いておくことにした。
DSCN3838.jpg2.jpg
蘚苔類と地衣類を、黒土を焼き固めた粒常の土をグラスの中に置き、水分を含ませて何時でも観賞できるようにした。
DSCN3844.jpg4.jpg
蘚苔類などを虫めがねで覗くと、思いもかけない景色が現れるので、驚きの連続になる。
posted by みのさん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年12月04日

何か暖かいような

今日も天気予報が外れて雨模様になっている。
おまけに豪雨予報まであって、庭での作業を躊躇してしまう。
それでも今週末にかけては、ぐっと冷え込み雪降りになるとの、当てにならない予報がでているので、様子見していた薦巻きを敢行した。
とりあえず、石楠花と椿は薦巻きを完了し、雨と雷注意報の発令もあり、今日の作業は切り上げた。
例年は、手が悴んだり、体が冷え切ってしまうのだが、暖かいくらいだ。
外気温を見れば、16℃もあり、暖かいわけだ。
こんなことの所為か、苔やキノコが季節を間違えているようだ。
DSCN3833.JPG
暖かいのは助かるが、スキー場では気をもんでいることだろう。
北アルプスの稜線では雪がどんどん減ってきている。
posted by みのさん at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月03日

ケーブルの交代依頼

今日は予報では曇りのはずだったのだが、朝から雨模様なので庭での作業は延期することにした。
幸、昨日は好天気だったので、車のタイヤをスタッドレスに交代させておいた。
お陰で、腕の筋肉痛とやや背中の痛みがでて、今日は丁度良い安息日になった。
これは、室外での作業の話で、室内でのオーディオ用ケーブル作製作業は別の話になる。
最近、オーストラリアから日本に転居してきた、日本人のようなオーストラリア人を紹介されて、お付き合いしているところ。
この方は、私と年齢がほぼ同じようなのと、オーディオとジャズが大好きな、この頃では奇特な人種に入るので、この種の話し相手を見つけられて喜んでいるらしい。
最初の相談は、所持している真空管と真空管アンプの相性話から始まって、オーストラリアで使用していた200ボルトのアナログプレーヤーのスタップダウン・トランスの紹介、CDプレーヤーの一時貸出など、日本におけるオーディオの環境整備を推進している。
今年に入ってからは、私の作製した電源ケーブルとスピーカーケーブルを貸し出して、いままで使用していた汎用の電源ケーブルと銀コーティングされたスピーカーケーブルとの差、すきな音の傾向を確認してもらっていた。
そうこうしているうちに、11月ごろから、「相談したい事があるのでお茶しにきませんか。」とのお誘いがあり、余り待たせてもいけないので、11月の末日にお邪魔した。
相談内容は、お貸ししていた電源ケーブルが、いたく気に入ってしまったので、譲ってほしいことと、スピーカーケーブルも、長さを1.5mで欲しいとのことだった。
当初お話していた、「真空管アンプとウェスタン・ケーブルとの相性はすこぶる良い。」 とのことを実感したとのことだ。
また一人、ウェスタン・ケーブルの信者をつくってしまった。
こんなんで、早速冬の繁忙になる前に作製して届ける約束をしてしまったので、今日の作業になった次第。
お貸ししている電源ケーブルは、ウェスタンの20AWG単線を、このまま譲渡。
スピーカー用には、とっておきのウェスタン24AWG単線をチョイスした。
明後日にお届けしよう。
おそらく、これは始まりであって、これからが本番になるのは間違いない。
次は、RCAケーブルになり、フォノ・ケーブルと、泥沼に入っていくのだろう。
地獄の楽しみを分かち合えるのは、嬉しいものだ。
posted by みのさん at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロ・グルーブ

2018年12月01日

積雪前の庭の手入れ

師走の初日は冷たい雨降りから始まったので、今日は外での作業を行わないことにした。
DSCN3824.JPG
昨日は庭の彼方此方に、剥げたりした苔の貼り付け作業や補修に精を出したので、今日の雨は苔を生き生きさせているようだ。
DSCN3830.JPG
この後、暫く雪の中で冬眠して、春になれば青々した姿を見せてくれることだろう。
DSCN3828.JPG
午後から一時的に雪が降る予報になっているが、その前に豪雨の予報もあるので、乾いた苔にとっては恵みの雨になるだろう。
室内では、小さな苔庭作りをしている。

posted by みのさん at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記