2018年11月03日

文化の日はレコードの日

昨年と同様に、文化の日は晴れることになっているらしい。
何時のころからかレコードの日にもなっていて、ディスク・ユニオンでも大売り出しに精を出しているようだ。
もうすでに過去の遺産的な扱いになってしまったアナログ・レコードに、幸多かれと願いつつクリーニングに精をだして、できる限りの良い音で聴くことがせめてもの花向けになるだろう。
また、久しぶりに棚から引っ張り出してきて聞き入ることも、レコードに対する思いやりと言うものだ。
で、あるからにして、古にアルバイト代全てをつぎ込んだ思い出のアルバムを引っ張り出してみた。
東京オリンピック前後の中学生時のころなのだが、失礼ながら以外にも音質的にも程良いので、当時の卓上ステレオのサファイア針で聴いても感動したものだ。
このころ夢中だったのが、見砂直照と東京キューバン・ボーイスで、何しろ異国のカッコイイ音楽に嵌ってしまったのだった。
@キューバン・スペクタクルス 61年 編曲は越路吹雪の旦那さん。
DSCN3619.jpg1.jpg
Aキューバン・エコーズ    62年 この音質は素晴らしい
DSCN3620.jpg2.jpg
Bペレス・プラード作戦    63年 マンボだらけ
DSCN3621.jpg3.jpg
C幻想のキューバ       63年 憧れのキューバ
DSCN3622.jpg4.jpg
Dザビア・クガー作戦     64年 ルンバとサンバ
DSCN3623.jpg5.jpg
Eタンゴ・デラックス     64年 アルゼンチン・タンゴの超ステレオ化とのことです
DSCN3624.jpg6.jpg
Fあなたと夜とマリンバ    64年 ジャケ買い 吉川雅夫のマリンバ
DSCN3625.jpg7.jpg
Gキューバン・ラテン・ヒット 64年 これもジャケ買い これまでの総集編
DSCN3626.jpg8.jpg
Hフィルム・ヒット      64年 映画音楽をラテン風に演奏
DSCN3627.jpg9.jpg
Iポップス・イン       65年 このころのポップスはクラシックでした
DSCN3628.jpg10.jpg
Jビック・バンド・スコープ  65年 シャープ&フラッツとの饗宴
DSCN3629.jpg11.jpg
Kラテンリズムの探究     65年 ”360SOUND”になりました
DSCN3630.jpg12.jpg
次のアルバムだけは、時間的な間が空いているせいか、思い出の演奏となっていて、活気が足りない様相だ。
ラスト・コンサート      80年 デシタル録音になりました
DSCN3631.jpg13.jpg
MJQのラスト・コンサートは嘘っぱちでしたが、キューバン・ボーイズは本当になってしまいました。
文化とは、人それぞれの思いの中、過去の積み重ねでできているような気がしてきました。
posted by みのさん at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風