2018年11月16日

冬季、年末年始・連休のご予約について

年末年始・連休のご宿泊についてのお問い合わせが多々あり、ありがとうございます。
現在のところ、未だお部屋をオープンにしていない状況ですので、ネット上でもご予約は受け付けていません。
表記につきましては、12月に入りましてから、ご予約の受け付けを開始する予定にしています。
DSCN3726.JPG
これは、多重予約に対する防御が必要なための処置ですので、お問い合わせいただいた方を含めまして、今暫くご猶予ください。
この多重予約に対する処置として、ご予約に当たり、以前は普通に行われていた予約金というシステムを、導入することも考えていますが、お客様との信頼関係がより重要との認識に立ち、営業していきたいと思っていますので、合理性だけを前面にだすことは避けたいと考えます。
また、お金を出せば何でも揃う世の中ですが、洗濯船では普段お使いになっているパジャマ(寝巻)、タオル、歯磨きなどをご持参いただくことを前提にしています。細かい費用の積み重ねで宿泊代が高騰してしまうのと、口先だけでは無いエコの推進はもはや必然だと思っています。
お客様の中には、「何も揃ってない宿ね。」と、おっしゃる方がいますが、そう言う方が何故宿泊代の安価な当宿を選定するのでしょうか不思議です。
お安く宿泊できるのは、お客様も宿側も、出来得ることはやるとの精神で、安価になるのが道理になります。
敢えて逆説的にいえば、手ぶらでの旅を希望すれば、自ずと高額になってしまうと言うことに他なりません。
これからもリーズナブルに良い旅を希望するお客様へ、宿泊施設としての良いサービスを提供していきたいと思います。

posted by みのさん at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2018年11月09日

kaguyahime today

「かぐやひめ・今日」と題された ’78年のアルバム。
DSCN3762.jpg1.jpg
ジャケットらしく枯野を歩む「かぐや姫」を象徴しているかのごとく、内容は統一感がともなってはいない。
これは、南こうせつ、山田パンダ、いせしょうぞう の三者間の一見公平にみえる気配りの産物に他ならないだろう。
四枚目のアルバム「三階建の詩」が、よくできていて、これ以降からはグループとしての結束力の衰えが耳に聞こえてくる。
「今日」という意味あいでいえば、三者三様の個性が光るアルバムだといえるかもしれないが、はたして心に響くものはあったのだろうか。
デビュー当初の「よいどれかぐや姫」を、こよなく愛する身としては、かぐや姫・今日は、枯れ人のように、切なさだけが伝わってくる。
「青年は荒野を目指す」と言う歌もあったので、必然かもしれないが。
このような枯野の吹き抜ける冷たい風を、ぜひ感じたい人に押しつけ・お勧めできる一枚です。
DSCN3752.JPG
一度この状態になると元には戻りにくいのが人の世の常なのだが、自然界では輪廻して美しヶ原のように再び緑の草原が蘇ることになる。
posted by みのさん at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 押しつけの一枚

2018年11月08日

牛伏山

今日は松本市まで所用があって出かけることにした。
所用とは二カ月に一回の眼科検診なのだが、だいたいにおいて診察まで一時間以上待つことが常なので、今日のように10分程度の待ち時間で診察を受けられるのは、これまで例が無いので此方の方が面くらって慌ててしまったほどだ。
とにかく速く診察が終了したので、この時間を使って美ヶ原牛伏山までいってみることにした。
松本市から東へどんどん進み、ビーナスラインから美ヶ原高原まで行き、駐車場から50m程登ると頂上の1990mの牛伏山に到着します。
DSCN3731.JPG
普段の行いの良さ現れからでしょう、360°の絶景が待っていました。
雲海の先には北アルプスが浮かんでいます。
DSCN3743.JPG
振り向いた八ヶ岳方向には形の良い蓼科山がそびえていました。
DSCN3750.JPG
どうしても目立ってしまうのは、とんがりの槍ケ岳です。
DSCN3756.JPG
頂上直下の売店で濃い牛乳をいただいて、下山してきました。
途中の唐松の景観も素晴らしいものでした。
posted by みのさん at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月07日

強い雨降り

昨日は午前中一杯まで、強めの雨が降り続いていた。
今日は一日中曇り空のようだ。
日射しの中、透過光の紅葉は勿論綺麗だが、雨後の薄暗いなかでの紅葉も捨てがたい綺麗さかある。
DSCN3713.JPG
何か怪しい雰囲気を醸していると思うのは考え過ぎだろうか。
里山道中を案内してくれる田中先生によると、47スキー場の手前にお宮さんがあるのだが、その直ぐ近くにある友人の家では、時々、野武士の一団が家の中を通ってお宮の方に行進していくのだそうだ。
また、この田中先生が東京のホテルに宿泊したところ、部屋の壁の中から手が出てきて首を絞められた事があるそうだ。
怪しい経験をしている人は、結構多いらしい。
こういうこともあるだろうから、一人で廃墟になった城跡や部落に行くことを躊躇してしまうこの頃だ。
何とか騙して友人を誘うことにしている。
内緒なのだが、白馬の塩の道には、首切り坂というところがあるのだが、当然近くに住む人は絶対口に出さない。
白馬村内でも過疎化が勢いよく加速しているので、寂しそうな石仏に一掬いの水をたむけられれば供養になると思う。
話は全く代わって、わが家の椎茸が季節感を失っているようだ。
DSCN3718.JPG
この頃になって沢山出てきてもらっても困ると言うものだ。
原木の冬支度に入れないではないか。
原木椎茸は焼きもよいが、鍋用にもなってしまう。
それにしても静すぎる。


posted by みのさん at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月05日

落ち葉の雨

少しでも風が吹くと、雨のように落ちてくる枯葉は、ほおっておくと、道路も庭も絨毯のようになってしまう。
このままと言うわけにはいかないので、暫く溜めておいてから、裏庭まで一輪車で廃棄しにいくことにしている。
午前中に10往復ほど一輪車を稼働して廃棄はしたが、午後3時ごろには、またしても絨毯になろうとしている。仕方ないので、今日二回目の一斉回収・廃棄することにした。
これだけで6000歩超を記録したので、運動不足解消に役立っただろう。
DSCN3694.JPG
周りの木々を観察したところ、ミズナラの葉はほぼ落ち切ったようだが、コナラは青々していたりして、これからが思いやられる。
山紅葉は、赤・黄・緑と色とりどりながら、落ち始めているが、これからが本格的に落ち葉になるだろう。
DSCN3689.JPG
紅葉を愛でた後に待っている落ち葉片付けなど、誰でも経験できるものではないと、言い聞かせて納得するようにしないと続かないだろう。
明日は所用のため、この作業は休止する。
posted by みのさん at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月04日

今年の色づきは

今日は薄曇り時々晴れの天候ながら、寒さが少しばかり和らいだようだ。
落ち葉掃きと少しづつの冬支度をしつつ、裏庭の紅葉に見とれていては作業は捗らない。
DSCN3637.JPG
まあー、慌てることも無いので、ぼぉーっとのんびりしよう。
今年は気の所為だろうか、なんだか色が濃いように思える。
面識の全く無い人が、勝手に庭の中まで入ってきて写真を撮っていたりするのだが、ついつい釣られてしまったのだろうか。
日曜日のこともあって建築ラッシュしている作業音も無く、このように静かで落ち着いた日ほど贅沢なものはないだろう。
幸せとはこういうことだろうと又もや感じ入った。
白馬盆地の東山も大分彩が鮮やかになってきている。
posted by みのさん at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2018年11月03日

文化の日はレコードの日

昨年と同様に、文化の日は晴れることになっているらしい。
何時のころからかレコードの日にもなっていて、ディスク・ユニオンでも大売り出しに精を出しているようだ。
もうすでに過去の遺産的な扱いになってしまったアナログ・レコードに、幸多かれと願いつつクリーニングに精をだして、できる限りの良い音で聴くことがせめてもの花向けになるだろう。
また、久しぶりに棚から引っ張り出してきて聞き入ることも、レコードに対する思いやりと言うものだ。
で、あるからにして、古にアルバイト代全てをつぎ込んだ思い出のアルバムを引っ張り出してみた。
東京オリンピック前後の中学生時のころなのだが、失礼ながら以外にも音質的にも程良いので、当時の卓上ステレオのサファイア針で聴いても感動したものだ。
このころ夢中だったのが、見砂直照と東京キューバン・ボーイスで、何しろ異国のカッコイイ音楽に嵌ってしまったのだった。
@キューバン・スペクタクルス 61年 編曲は越路吹雪の旦那さん。
DSCN3619.jpg1.jpg
Aキューバン・エコーズ    62年 この音質は素晴らしい
DSCN3620.jpg2.jpg
Bペレス・プラード作戦    63年 マンボだらけ
DSCN3621.jpg3.jpg
C幻想のキューバ       63年 憧れのキューバ
DSCN3622.jpg4.jpg
Dザビア・クガー作戦     64年 ルンバとサンバ
DSCN3623.jpg5.jpg
Eタンゴ・デラックス     64年 アルゼンチン・タンゴの超ステレオ化とのことです
DSCN3624.jpg6.jpg
Fあなたと夜とマリンバ    64年 ジャケ買い 吉川雅夫のマリンバ
DSCN3625.jpg7.jpg
Gキューバン・ラテン・ヒット 64年 これもジャケ買い これまでの総集編
DSCN3626.jpg8.jpg
Hフィルム・ヒット      64年 映画音楽をラテン風に演奏
DSCN3627.jpg9.jpg
Iポップス・イン       65年 このころのポップスはクラシックでした
DSCN3628.jpg10.jpg
Jビック・バンド・スコープ  65年 シャープ&フラッツとの饗宴
DSCN3629.jpg11.jpg
Kラテンリズムの探究     65年 ”360SOUND”になりました
DSCN3630.jpg12.jpg
次のアルバムだけは、時間的な間が空いているせいか、思い出の演奏となっていて、活気が足りない様相だ。
ラスト・コンサート      80年 デシタル録音になりました
DSCN3631.jpg13.jpg
MJQのラスト・コンサートは嘘っぱちでしたが、キューバン・ボーイズは本当になってしまいました。
文化とは、人それぞれの思いの中、過去の積み重ねでできているような気がしてきました。
posted by みのさん at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2018年11月02日

寒い朝

寒さが身に堪える季節になりました。
北アルプスの峰々の雪化粧も濃くなり、三段紅葉の見ごろを迎えています。
余りにも天候が良いので、白馬村の東山の方に出かけてみました。
東側からの北アルプスの眺望は、すばらしいもので、何時まで見ていても飽きません。
DSCN3598.JPG
船山古墳跡近くからは、紅葉と青空、雪を抱いたアルプスの、正に三段になっています。
DSCN3600.JPG
ハイランドへの途中からは、白馬村が一望見渡せます。
DSCN3607.JPG
松川の下流域塩島、姫川との合流点少し手前からの正面五竜岳と左遠くに見える鹿島槍ヶ岳がのぞめました。
未だ未だ眺望の良いところは沢山ありますが、のんびりばかりしてはいられません。
今日も落ち葉の片付けが待っています。
posted by みのさん at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月01日

静かな親海湿原

11月の初日は風も収まり、日の射す小春日和のような天候になった。
洗濯船の紅葉は盛りになっているので、ほぼ同じ標高にある親海湿原まで、のんびりと散歩に出かけてきた。
DSCN3563.JPG
花の時季を過ぎているので、誰にも会わないだろうとの予測だったのだが、同じ地区の同年代の人が一人で散歩にきていて油断がならない。
それでも、静かな湿原を独り占めしての散歩は何とも気持ちの良いものだ。
DSCN3573.JPG
高層湿原では苔が未だ緑色を残していたりする。
DSCN3569.JPG
そうした中に一輪だけ白花が咲いているのを見つけたりした。
DSCN3574.JPG
もう少しすると湿原全体が草紅葉することだろう。
DSCN3579.JPG
この後暫くすると、朝霜の降りた幻想的な湿原に出会える。
DSCN3585.JPG
ついでに姫川源流にも寄り道してきたが、水量が少なくなっているので、水草も冴えないことになっていた。
北にある北城平の洗濯船より、南にある神城平の親海湿原の方が少しばかり暖かいのではないかと思った。
posted by みのさん at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記