2018年10月16日

蛇橋屋経由角間池へ

久しぶりに、新潟県糸魚川市の山口から大久保、戸土、白池を通り抜けて、角間池に行ってきました。
此処に行くに当たっては避けては通れない、旧道沿いにある、「じゃばしや」の前まで行きます。
この地に住んでいた二匹の夫婦の大蛇が、行方不明になってしまった子供を呑み込んでしまったという噂が立っていた最中、丁度薪の上で昼寝をしていた一匹の大蛇を見つけた、子供の親が薪に火をつけて大蛇を焼き殺してしまったのでした。殺されてしまったのは夫のほうでしたので、妻の方の大蛇は大いに悲しんで山奥の方に逃げて行きました。逃げる途中では大粒の涙を流しましたので、落ちた涙の痕が白池や角間池になったそうです。この大蛇は野尻湖までにげたのですが、この大久保地区では、今でも野尻湖に行った時に大久保から来たと言ってはいけない事になっています。
蛇橋屋という屋号は、この時焼き殺された大蛇の骨で、家の前を流れている川に、玄関と道路の間に橋を架けたことから、屋号になったそうです。
白池や角間池の発祥の地ですから、避けられないのです。
駐車場からゆっくり歩いて白池までは20分程度ですが、熊に気を付けてもう少し時間をかけて歩きました。
DSCN3443.JPG
眼の前には神秘的な池があるのですが、今日は児童の遠足らしく、50名ほどが池の淵に並んでいました。
そのうちに、一人ずつ池の淵にある鐘を突き端攻めましたので、この場を逃げ出して角間池に早くいくことにしました。この音騒ぎでは熊さんも逃げ出してしまったでしょう。
角間池も神秘的な様相です。
DSCN3446.JPG
池の横を塩の道が通っていますので、このまま進めば大網峠にいけますが、戸倉山に行くことにしました。
紅葉は未だ早いのですが、頂上直下辺りでは始まっていました。
DSCN3445.JPG
頂上から360度のパノラマを眺望でき、日本海は良く見えましたが、雲が多く雨飾山の頂上は雲の中に隠れていました。
適当に楽しんでさっさと角間池まで戻り、白池を通過して駐車場に戻ってきました。
遅めの昼食をどうするか悩みましたが、小谷村の雨飾温泉に行く途中にある「十三月」に行って、カレーと珈琲をいただきました。古民家ですが、景色もこのご夫婦も、とても気持ちが良いので、つい長居してしまいました。
posted by みのさん at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記