2018年09月03日

暴風対策

日射しが出ているなか、何とも不気味な台風が向かってきている。
白馬には台風が来たことが無いと言う口伝承は、何時かは破られることがあるだろうとの思いもあり、今回は大丈夫だろうかと心配になる。最近は前例の無いことが矢鱈と多いのも事実なので、不安はつのるばかりだ。
とりあえず、何時もの事だが暴風の吹き荒れる状況を想定して、風対策はおこなっておくことにした。
明日は所用があって外出するかもしれないので、本日中に完了してあきたいのだ。
鉢植えの薔薇さんを始め、鉢植えは全て多少の風ではびくともしないように固定・避難させた。
DSCN3142.JPG
ヨハン・シュトラウスも避難
苔玉は、如何しようかと迷ったものの、鉢と一緒に避難することにした。
飛ぶもの、倒れそうなもの、気になったもの全てを処置しておけば、ひとまず安心できる。
ついでに、大山蓮華の種も飛ばされないように摘み取り、乾かないように水分を含んだ専用ケースに保管した。
これでほぼ、暴風への対策は、適当なところにまでになったと思う。
ナラの樹を中心とした木々は、折れて落下するのが常なのだが、高所なので手がつけられない。
これは成りゆきに任せるしかない。
明日は明日の風が吹くだろう。
posted by みのさん at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記