2018年04月17日

見ごろは

今日は、曇天・無風・下り坂と、とりあえず三拍子そろったところで、桜は如何か否と貞麟寺のしだれ桜の偵察に出かけてきた。
しだれ桜は、未だ一部咲き程度だったのだが、他の桜がそれなりに咲いていて境内はピンク色となっている。
2018_04_17_3791.JPG
このお寺はカタクリの群生地でもあるのだが、心無い人達に踏まれた場所は消失していた。
2018_04_17_3787.JPG
ロープを張って人の侵入を防いでいて抑止効果はあるとおもうのだが、多くのマナーの悪い写真撮影者は、如何あろうと侵入するものだ。
この後に姫川源流まで足を伸ばしたところ、フクジュソウが一面に咲き乱れていて、丁度の見ごろになっていた。
2018_04_17_3804.JPG
此処は遊歩道が整備されているためか、年々群生が増えているようだ。
2018_04_17_3807.JPG
もう少しすると、今度はカタクリの見ごろになる。
近くの親海湿原の見ごろは、もう少し先になりそうだが、木々の芽ぶきとモクレンの対比が春到来を告げているようだ。
2018_04_17_3827.JPG
昨年より雪解けが確実に早いので、見ごろを逃さないようにしないといけない。
posted by みのさん at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風