2018年02月01日

垂れ上る氷柱

駆け足だったような一月が終わり、二月の初日は穏やかな日和で始まった。
日中の外気温が氷点下を上まわったので、体感としては暖かくなったように思うのは、寒い日が続いていたことによるものだろう。
2018_02_01_3193.JPG
洗濯船では、氷柱が引力に逆らって成長するので、珍しい造形美が出現する。
2018_02_01_3212.JPG
直ぐにゲロしてしまいますが、これは、真っ赤な嘘ですので本気にされないようにお願いします。
屋根にできた氷柱が、室内の暖房と太陽の日の所為で、大きな音とともに落下する。
2018_02_01_3221.JPG
この時、たまたま逆向きなってしまったものが天に向かって垂れ上ってしまうのだ。
当然ですが、氷柱は硬くて先がとがっているので、頭に落下するととても危険です。
氷柱ができた時は時には、建物から離れていることが肝要です。
また、大きく成長しそうな時には、かち割って落としてしまいます。
2018_02_01_3189.JPG
裏庭に限らず彼方此方に動物たちの足跡が散見されていて、これはこれで優れた造形になっている。
2018_02_01_3179.JPG
あなたは誰!。
posted by みのさん at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記