2017年08月31日

秋の気配が

八月も最終日になってしまった。
この夏を象徴するかのようなスッキリしない日とともに、湿り気の多い風がひんやりとしてうすら寒く感じる。
日照時間の少なさに影響を受けつつも、季節の花たちは何とか咲きだしてくれているのは救われる。
玄関への入り口横の八重咲き蓮華ショウマが開花した。
2017_08_30_2326.JPG
わが家には三種類の蓮華ショウマがあるが、
2017_08_30_2322.JPG
最後に白花も開花し始めた。
2017_08_30_2319.JPG
一方、四季咲きの薔薇たちは3回目の開花をしているところで、フラワーガールが今日開花し始めた。
2017_08_30_2317.JPG
杜の会の開催までひと月になったが、じたばたしても始まらないので、天候次第としておこう。
今年はデットな部屋もライブな部屋も相当音の調整をしたので、内心吉とでるか凶とでるか当日まで安心できないでいる。
内緒だが今年のテーマは、「JBLらしく無い音・マッキントッシュらしく無い音」と決めつけている。
そろそろ杜の会用のレコードを選定しなくては。
2017_08_30_2332.JPG
ここにも秋の気配が漂っている。
posted by みのさん at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

面白くなくなったJAZZ

最近といっても、もう大分時間が過ぎ去っているがJAZZが面白くない。
技巧に走り過ぎていたり、演奏者の自己満足に終始している演奏を聴いても心を打つ事が無いのだ。
この為かライブ演奏から足が遠のき必然と古いレコードを引っ張り出してJAZZを楽しむことになってしまっている。
いみじくも、昨日放映されたトランペッターとジャズをやりたかった暴走少年ドラマーの軋轢が表面化してしまったのは、現在のJAZZを取り巻く現況を端的に伝えていて納得したものの悲しいと思わざるを得ない。
もし、トランペッターがJAZZトランペッターだったら、暴走少年ドラマーとトランペットで対決しただろう。そうなればスリル満点のアドリブ合戦に突入して、会場はJAZZの熱気が充満し本当のJAZZを
堪能できたはずだ。
こうした中で、もし能力が足りないと悟った少年は暴走を止めることになるだろうし、その後この少年はより精進してこのトランペッターを凌駕し世界に羽ばたく事になるかもしれないではないか。
このような若い芽を育てることを見失っていて形式だらけのこの世界では未来はありえないだろう。
決められたことをきちんとこなしていき、暴走を認めないのではJAZZとは名ばかりで、吹奏楽や軽音楽との違いは認められない。
必要なのは節度ある決まり切った中に押し込むビンタよりも、暴走を快走に替えるJAZZ的センスではないだろうか。
デュークエリントンのライブ演奏にトランペッターの暴走が記録されているが、この熱い演奏は後々までの語り草になっている。
ジョン・コルトレーンの暴走を誰が止めようとしたか。
クリフォード・ブラウンに割って入るソニー・ロリンズは暴走なのか。
これがJAZZだろう。
もっと悲惨な事と言えば、このトランペッターはJAZZを捨てていることは未だしも、演奏者の魂とも言える楽器、即ちたとえステックと言えども楽器を投げ捨てることができるのは、そもそも演奏者としてのステイタスをも投げすててしまったのに等しい。
世間の評判とは裏腹の醜態を晒してしまったのは、新しい芽をつぶそうとしたこととともに取り返しがつかなくなった。
褪めたJAZZには魅力が無いに等しい。
posted by みのさん at 11:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 音の聴こえてくる風景

2017年08月29日

最低!!

良いこともあるが悪いこともあるのが世の常と、心情的には解っているつもりなのだがショックは隠せないものだ。
以前作製したシーメンスリッツ線によるシェル・リード線の素晴らしさに味をしめ、二匹目のドジョウを狙うことにした。
今回はWEの希少なリッツ線を使用したシェル・リード線を作製し、MMカートリッジのシュアータイプVにあてがってみた。
このWEのリッツ線はフォノイコライザーからプリアンプまでの間、RCAケーブルにして使用しているが、欠点の見つからない繊細かつ適度な力感を表現してくれている。
これまでにないシュアータイプVにしようと目論んだのだが全くの的外れになってしまった。
シュアータイプVの潜在能力の限界を超えてしまっているリッツ線はどうしようもなく、双方の良い部分がスポイルされてしまった。
これまでにないボケた繊細な音には崩れ落ちるしかない。最低とはこのことだ。
これは恐らくMMカートリッジ全般の目指す音とリッツ線の繊細差は相いれないのかもしれない。
どうしようもないので、タイプVはすぐさま従前のWE単線に戻すことになった。
リッツ線はMCカートリッジの方が相性が良いのだろう。
今日は早朝から、Jアラートによる携帯へのケタタマシイ大音量の緊急信号や村の災害無線の何とも形容のし難い不安を煽るサイレンと放送で最低の寝起きになった。
あの悪夢の地震を思い起こしてしまったではないか。
悪いことは続くものだ。
posted by みのさん at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月27日

最高!!

今日も晴れて気持ちが良い。
北アルプスには薄い雲がかかっていて眺望は利かないが乾いた風が通り過ぎていく。
気分が良いので懸案だったマッキントッシュのスピーカーがある、ライブな部屋のCDプレーヤーの出力ケーブルを新調した。
これまでも何度かこの出力ケーブルを交代させてはきたが、気にいる音と気にいらない音が常に混在していてなかなか満足できるとはいかなかったのが実情だ。
直前まで使用していたケーブルは、WEのグリーン・シルクに包まれた極細のエナメル銅単線2本を、撚って1本にしてたものを+側と−側にソルダーレスで接続していた。
このケーブルの繊細な美音は形容しがたいほどで、特にアコースティク・ギターやギブソン系のギターの音にはほれぼれしてしまう。
しかしながら、どうにも気にいらない音も同時に発していたので、結果的には我慢していたことになる。
それは低音域の音が不明瞭になるとともに多少だぶついていることだ。ウーハーの取り付けネジの締め加減ぐらいでは解消できないほどなのでとても気になっていた。
この音を聴きながら何時かは改善させようと模索していたので、本日晴れて決行することにした。
いろいろと悩んだのだが、現行の出力ケーブルの−側を一回り太い良質の単線にすれば不満は解消できるものと踏んでいたが、ここは思い切って最上質のケーブルで新調すれば心残りは無くなるので決めた。
まず、大事な−側には0.85mmとやや太めのUSSR製エナメル銅単線をあてがった。この単線はデットな部屋のスレッショルド・パワーアンプからネットワークへの+側に使用したものだ。緻密でかつ堂々と腰の据わった音をだしてくれている。たまたま2m程の予備があったので使用することにした。
+側には、これもUSSR製ブルー・シルク被膜0.27mmのエナメル銅単線を所持していたので、迷うことなく使用することにした。
RCA端子への接続はソルダー・レスにしたのは何時も通りだが、今回は端子に金メッキを選定した。何時ものロジウムメッキのストレートな音よりも幾分ふくよかさ(曖昧差)を加味してみた。
結果は、始めから思い切り気にいる良い音がでてきたのでびっくりしてしまった。
ケーブルのエージングはおろか球のアンプの何時ものエージングをものともせずバランスの良い音になっているので戸惑いを隠せない。
こんなことがあるからケーブルは止められない。
それにしてもUSSRのケーブル恐るべし。超音速のミグ戦闘機の真空管にも驚きだったが、ケーブルにも驚きだ。
パワー・アンプやプリ・アンプ、またはCDプレーヤーを交代させてもこれほどにはならないだろう。
今日は気持ちが良い!!。

posted by みのさん at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブな部屋

2017年08月26日

蓮華ショウマ

朝方まで降り続いていた雨音は遠ざかり好天気がやってきた。
久しぶりに北アルプスの峰々と白馬三山の眺望ができる日になった。
白馬ジャンプ競技場では、午後からNBS杯女子サマージャンプ、夕方からFISサマーグランプリが開催されている。明日もFISサマーグランプリジャンプ競技が開催されることになっている。
希少な好天気のもと開催されるので喜ばしい。
洗濯船の庭では降り続く雨にもめげず蓮華ショウマが咲きだした。
2017_08_26_2303.JPG
雨に叩かれてお辞儀をしていたのだが、支柱に結んで顔を上げてもらった。
イングリッシュ・ローズのラーク・アセンデングは今年3回目を開花してくれた。
2017_08_26_2297.JPG
秋の気配は落ちるどんぐりとともにやってくるようだ。
posted by みのさん at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2017年08月25日

土砂災害警戒情報

白馬村を始めとして小谷村、大町市に土砂災害の危険性が非常に高まったとして発令されています。
防災無線からは何か異常があった際には村役場に連絡してほしいことと、無用の外出は極力控えるように注意喚起が併せて放送されました。
このほかに白馬村には大雨警報と雷、洪水注意報が発令されていますので四面楚歌の様相です。
このような日はアンプに電源を入れることなく室内でじっとしているのが肝要です。
この雷の音を何とかJBLのスピーカーから出したいなんて不埒なことは考えない事にしていますし、雨音なら何とか出せるかも知れないも触れてはいけないのは勿論です。
やることが無いので地下のデットな部屋で今日はスーパー・ツィーター用のケーブル作製でもしようと思います。
昨日は中音域用のスレッショルドのバワー・アンプからネットワークまでのケーブルを新調しました。
また雨脚が強くなりました。
自己を含め警戒することが沢山あります。
posted by みのさん at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2017年08月22日

お天気概況

今日の白馬のお天気概況は正に次のとおりになっています。
2017_08_22_2296.jpg1.jpg
明日登山する予定のお客様には幸運を祈るしかありません。
posted by みのさん at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月18日

空前絶後

毎日の憂鬱な雨模様に気分がすぐれないのでここはひとつ景気の良くなるレコードを持ち出すことにしよう。
思い切ってチョイスしたのは、チャイコフスキー大序曲「1812年」。
2017_08_18_2294.jpg1.jpg
ご存じのとおり、1812年にナポレオンが60万の大軍をひきいてロシアに攻め入り、やがてロシア軍との戦いの中で寒さと餓えのために完全に敗退したことに因んでいる。音楽の中にはフランス国家やロシア国家が使われていて解りやすい内容にもなっている。
数枚ある「1812年」のアルバムから至上最強と言われてる、テラーク・デジタルが一躍世界に知らしめた驚異の録音アルバムをEMTプレーヤーにセットした。
テラークの技術陣はチャイコフスキーの表現意欲を徹底して再現するために、大砲は完全保存されている19世紀当時の実物が3本使われている。また、ロシア軍の勝利を祝う鐘も本物を使用した。
エリック・カンゼル指揮シンシナティ交響楽団の演奏はフル編成のうえで1878年に建てられた由緒ある本拠地のシンシナティー・ミュージック・ホールで収録された。このホールは音響の美しさは全米でも指折りの存在と言われている。
これほどのレコードを長岡鉄男氏は「TELARCの名前を天下に知らしめた猛烈録音のレコードである。大砲の衝撃波がアーム、カートリッジ、スピーカーを強襲する。」といっています。
また、巷ではレコード史上もっとも過激で「まともな再生は不可能」とまで言われました。
確かに大砲部分のレコードの溝幅を見ると1mm近くもあり恐怖心が湧いてきます。
響き渡る大砲を忠実に再現できるか、オーディオ・システムの真価が問われますが、デットな部屋のJBLM9500及び他の装置はびくともしません。EMTのTSD15カートリッジとアームはしっかり拾い上げ、スーパー・ツィーターは綺羅星のごとく火花を撒き散らしています。鐘の音は部屋中に響いています。JBL46cm2本のスーパー・ウーハーがズギューンと唸りを挙げましたが、空砲の空気が横切って行った程度です。
因みにCDでの再生と比較してまみしたが、リアリティではアナログ盤が一枚上手でした。
2017_08_18_2295.jpg2.jpg
誰かどたどたと地階に降りて来て「何処かで花火をあげている。太鼓もたたかれている。」と言っています。
地震もあったはずですが黙っておきましょう。
このアルバムには、
イタリア奇想曲と、
コサックの踊り〜マゼッパより
が収録されていますが、「1812年」の衝撃ばかりではなくとても良い音と演奏ですのでお見逃しなく。
もやもやした気分を大砲で吹き飛ばしたい貴方に超お勧めの、とっておきの一枚です。



posted by みのさん at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | とっておきの一枚

2017年08月17日

アンクルウォルター

朝方から日が射してきたのも束の間、午後からは曇り空になってしまった。
夕方から明日一杯は雨模様との予報になっている。
湿気をたっぷりと含んだ空気は何やら重々しいが呼吸はとても楽なので助かることもある。
この異常気象ともいえる天候で花々も難儀しているようだ。
こうした中で今年初めての花を開花させてくれたのは地植えしている深紅のアンクルウォルターだ。
2017_08_17_2292.JPG
蔓バラ系の他の枝は日照不足と長雨で葉を落としてしまったが、一本だけ成長した新しい枝に蕾を一つ付けていた。蕾になっても開花することなく枯れてしまうこともあるので心配していたが、蕾からほぼ一カ月ほどの時間を要したが無事に咲いてくれたので嬉しい。
気持ちが明るくなったので動作が軽くなったような気がする。
posted by みのさん at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2017年08月16日

鬼ゆり

お盆の繁忙が終わり少々疲れ気味のうえ、戻り梅雨のようなカラッとしない天候と底冷えでは気勢が上がらない。
日照不足の所為で彼方此方から果物や野菜などへの影響が報告されてきている。
洗濯船では薔薇を始めとする地植えの植物に気勢が上がらない、これはここの住人と同じ境遇だから仕方がない。
それでも奇特な鬼ユリが鮮やかに開花してくれている。
2017_08_13_2275.JPG
勿論、雨による枝折れを防ぐための支柱を設置していたことが功を奏したのだろう。
私は鬼ではないが鬼の目にも涙の心境だ。
2017_08_14_2286.JPG
軒先に退避している薔薇の花中にモリアオガエルも一緒に退避しているのはなぜだろう。
posted by みのさん at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2017年08月15日

秋季のご予約について

ペンション洗濯船へのご予約の受付を11月末日まで延長しましたのでお知らせします。
なお、冬季(年末・年始を含む)の受付開始は9月末から10月初めごろを予定しています。
ネットからのご予約は、楽天、じゃらん、るるぶ からになりますが宿泊形態に若干の違いがあります。
また、お電話でも受付けていますが宿泊料金が少し高くなります。
posted by みのさん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2017年08月10日

夏の日の思い出

特に思い当たらないなぁー。
今年の白馬は夏らしい夏は無くて雨が矢鱈に多く、外気温も7月の初めごろが一番高かった。
今日は久しぶりに朝から日の照ることになって喜んだものの、吹く風は東から涼しい空気を運んできた。
お盆を過ぎると秋風が吹くことが通例になっている白馬なので、今年の夏は短くも美しくとは云いようがないといえる。
ぶつくさ文句を云っても如何にもならないので日野てる子の「夏の日の思い出」を聴いて憂さ晴らしをすることにしよう。
2017_08_10_2273.jpg2.jpg
庭では秋の七草の桔梗が咲きだしている。
2017_08_10_2266.JPG
夏の思い出らしくフシグロセンノウが唯一夏を醸し出しているのも何故か悲しい。
2017_08_10_2267.JPG
既に秋風の様相だとすると思い出は雨のみかもしれなくなった。
夏が変だ。

posted by みのさん at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2017年08月07日

GIL EVANS LIVE AT SWEET BASIL

昨夜の豪雨はすざましく、白馬には洪水警報が発令され、洗濯船の前の道路が激流と化してしまったほどだ。
昼だと言うのに暗くなるほどの不穏な怪しい雲が北アルプスに寄り添いながら大雨を落とし、これが低地に向かって一気に押し寄せることになる。
何年か前には白馬岳に降った大雨が激流となって白馬大雪渓を下り雪渓をズタズタにしてしまったことがあった。
このような暗い豪雨の中で思い出すアルバムはギル・エバンスのスィート・ベイジルでの2枚組ライブ盤だ。
2017_08_07_2245.jpg1.jpg
レストラン兼ライブハウスのこの店の「甘いバジル」と言った名前とは正反対とも言える不穏な空気に包まれた演奏は暗い熱気が充満していて蒸し暑さが伝わってくるようだ。
1.パラボラ
2.ブードゥー・チャイルド
3.オレンジ色のドレス
4.プリンス・オブ・ダークネス
5.ブルース・イン・C
6.グッドバイ・ポーク・バイ・ハット
7.空より高く
最初の曲の導入部分から真っ黒な雲が湧きでてきて呑み込まれてしまう。
どれもこれもアグレッシブな演奏でずぶ濡れになってしまうのは間違いなく、激流に流されないように気をしっかりもって対応することが肝心だ。
JBL M9500が吠えるので後ずさりしてしまう。しかもカートリッジはGEのVR1000だ。
音圧に体に力を入れて持ち応えなければならないほどだ。
クール・ストラッティンのようなジャケットデザインを黒い筆でかき消しているのは、クールを殴り消すイメージかもしれない。
このような豪雨・激流にも負けない、かつ物おじしない性格を築こうとする方に押しつける至極の一枚です。

どうもスイート・ベイジルというところは激しく暗い雲を湧きだすところらしい。
このようなアルバムもある。
2017_08_07_2246.jpg2.jpg
さすがに心身ともに疲れるので良く眠れるのは幸いなことだ。
posted by みのさん at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 押しつけの一枚

2017年08月06日

アンジェラ

台風の影響なのか昨日の夜半から天候が不順になっている。
雷注意報は出ずっぱりで、激しい雨が降り続いたかと思えば日が射してきて、そのうちに怪しい雲と入道雲が続いてやってきたりしている。
傾向としては大町から豪雨予報が出ると北上して白馬に押し寄せてくる。この後も北上して小谷村に飛び火するようだ。激しい雨といっても局地的のため白馬の何処に雨が落ちるのかは予想ができない。
とりあえず鉢植えの花たちは軒下に避難させるので被害は最小になるようにしている。
地植えの場合はポールを立てるなどして折れないようにするがこれも万全とはいえないのが辛いところだ。
地植えで四季咲きつる性の「アンジェラ」が一斉に咲きだしている。
2017_08_03_2222.JPG
思ったより枝に弾力性があるのか雨にも負けずにいる。勿論ポールで支えているので持ち応えていることもあるがとても賑やかだ。
2017_08_03_2223.JPG
一方では鉢植え四季咲きの「しのぶれど」が今年4回目を開花した。
2017_08_06_2241.JPG
この薔薇に限らず鉢植えは皆元気にしていて次から次と蕾をだしてきている。
軒下に入れたり出したりするので忙しくコキ使われている。こちらは汗が噴き出してくるが何ともし難い。
厚く怪しい雲間に青空が見え隠れしている。
posted by みのさん at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2017年08月05日

夏の仲間入り

今日は夏らしい気分にさせてくれる日になった。
気温は30℃くらいまで上昇したが、雲が流動的で日が射す時間が長くなり、少しの風と湿気が緩和された所為だろう。
もしかしたら体の方が馴染んできたのかもしれないが、とにかく夏が来たのは喜ばしい。
昨日は降るはずの雨が降らなかったので朝から水撒きをする羽目になった。これは仕方ないところだ
こんな日に新しく仲間入りしたのは咲き姿の美しいミニ薔薇だ。
2017_08_05_2240.JPG
アブリコットのような花と良い香りが特徴になっている。
早速薔薇専用の土と見栄えのよい鉢に植え替えしたいと思ったのだが、破れた網戸の交換が先約なのでしばし待ってもらうことになった。
車庫とお隣の境では今年3回目となるアイスバーグが開花した。
2017_08_05_2234.JPG
裏庭ではベニヒダタケが出現している。
2017_08_05_2226.JPG
このキノコは食べられるらしいが食用とはなっていないのでどうも怪しい。
白馬では色々な合宿が始まっていて元気な声がコダマしている。
仲間入りした薔薇の名前は未だ見つからない。

posted by みのさん at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年08月04日

種まき

今日は気温が30℃近くまで上昇し、厚い雨雲が北アルプスに寄り添っていて、風が控えめなのでとても蒸し暑い。
2017_05_14_9999_26.JPG
昨日に種を採取し水に浸しておいた「大花のエンレイソウ」の植え付けを行った。
150粒ほどの小さな種をビニールポット40個に適当に落として土を薄く被せた。
エンレイソウ用の土は、鹿沼土の小粒と赤玉土の小粒、園芸用の土を1:2:5ぐらいの割合で作製してみた。
今年の植え付けは始まったばかりで、エンレイソウの開花には10年の歳月がかかるとのことで、小さな葉一枚発芽するだけでも2年ほどの期間が必要なのだそうだ。
これでも株を増やすということについてはとても効率的との事なので待つしかないだろう。
現在、3年待ちのサンカヨウ、4年待ちのトガクシショウマ、10年待ちのエンレイソウ があるので気をしっかり持って生きていかなければいけなくなった。
人間にとって高山植物に時間を合わせるのは至難といえる。
これほど高山植物の貴重性を感じることも無いだろう。
posted by みのさん at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2017年08月03日

収穫

相変わらずのカラッとしない天候が続いていて湿度は高止まりしている。
それでも鉢植えの薔薇には水やりは欠かせない。
こんなんで毎日キノコ狩りをしているが、うっかりしているとあっという間に成長しているので油断はできない。
今日収穫の大物は3種類なのだが、うっかりして収穫時に傘を壊してしまうものもあるので全容ではない。
今日一は、キシメジだ。シメジといえども毒キノコに分類されているので味見は勿論しない。
2017_08_03_2211.JPG
二番は、シロタマゴテングダケになる。これも毒キノコなので可哀想だがそおっと捨てることにする。
2017_08_03_2212.JPG
三番は、ヤマドリダケで豊作の年だ。巷では食用なのだがわが家では食べようとは誰も言わない。
2017_08_03_2210.JPG
地植えのモーリス・ユトリロが二番目の花を開花させた。
2017_08_03_2213.JPG
この薔薇に魅せられて薔薇に手を出してしまった罪つくりな薔薇はやっぱり美しい。
posted by みのさん at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記