2016年11月28日

雨降り続きに

二日続きの雨降りになり雪囲いや庭木の積雪対策は中途半端になっていて落ち着かないでいる。
それでも雪が積もることは無いと信じて上辺はのんびりと構えていることにする。
地下室全般の防寒対策は昨日適当に済ませたので、デットな部屋の塩梅を確認することにした。
近頃は室温が一桁までになるので、少しばかり暖房のお世話になることになるが、温めすぎには注意をするのは何時ものことなのでもう慣れた。
それでも冷え性な私としては我慢の限界が年々縮まってきているのでどうしたことか。
自分はさておき、アナログは温度の低さに比例するがごとくゴム系が硬くなるので、適当に振動させて解すことをしなければいけない。
昨夜は、2トラ38センチ、ティアックX2000Mオープン・テープ・デッキの塩梅をみることにした。
恐る恐る電源を投入して10号ブラリールをはめ込む。
2016_11_27_9999_3.JPG
再生するのは、マクセルUDテープに1984年3月3日NHK・FM「リクエスチ・アワー」でオン・エアーされた「マーラー交響曲第3番二短調」、当時のデッキはテクニクスRS1500Uで2トラ19センチ、ノイズリダクションをオフにしてエア・チェック録音したもの。録音レベルは少し下げリダクションのオフとの相乗効果で音楽の臨場感を殺さないように工夫した。
ベランダに三素子のFMアンテナを設置し、FM専用チューナーに同軸ケーブルを繋ぎ、文句を言われながらも無視し続けたものだ。
指揮はショルティ、シガゴ交響楽団・女声合唱団、ヘルガ・デルネシュのメゾ・ソプラノ、グレン・エリン児童合唱団による会心の演奏とのメモ書きがのこっている。
さて、かれこれ30年を超えたテープが無事再生できるのだろうかとここでも落ち着かないが、やってみるしかない。
M9500から出てきた音は往時を彷彿とさせる我ながら立派なものだったのには正直びっくり。
オーディオのランニングにCDを再生していたのだが、若干のノイズはあるもののテープの音質は勝るとも劣らないものだった。
テープは確実に劣化しているのだが2トラ38センチのテープの再生には期待が高まることは間違いない。
寒い中、デッキも私も頑張ったので今日の私は少し風邪気味。
室温をもう少し上げてみようかな。
posted by みのさん at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | デットな部屋

2016年11月25日

ベルト交換

このところの寒さの影響からか、オープンリールテープ・デッキのティアックX−10M(2トラ38)が再生できなくなってしまった。早送り・早巻き戻しはできるのだが、ピンチ・ローラーに挟まれたテープはびくとも動かない。
長年の無駄の多い経験を生かせば、ベルトの断裂が起きたのではとの判断から、早速デッキを降ろして裏ぶたを解放してみた。
裏ぶたや基盤、モーターなどを外さないとベルトまで届かない面倒な構造になっているため、21本のネジを丹念に確実に外していくことになる。
たどり着いた先には、思っていた通り切れたベルトが寂しくぶら下がっていた。
2016_11_25_9999_3.JPG
真ん中左右のフライ・ホイール状にベルトをかけてヘッドの左右でテープの安定走行を行うものだ。
思えばうん十年も健気に稼働していてくれたベルトなのだが、白馬の寒さが堪えたのだろう。
ベルトを交換しようにもティアックには当の昔から純正品は無い。
そこで、岐阜にこの種のベルトを作製してくれる人がいるのでお願いしたら、有難いことになんと一日で作製してくれることになった。しかもとても安価なのだ。
ベルトが到着するまでは清掃、オイル添付などして待つことにしよう。
これからも暫く頑張ってもらわなければいけないので、綺麗にしておくことにこしたことはない。

posted by みのさん at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブな部屋

限界集落では

今日のニュースで、お隣の長野県大町市と池田町に東京や静岡から移り住んだ22名が大麻所持で逮捕されたとのこと。
音楽イベントなどで知り合い大麻パーティーなどを開催していたようだ。
わずかな高齢者を残すのみの限界集落は、先の沖縄の島しょと同じように人目に付きにくく、このような無法地帯と化しているのはとても残念なことだ。
パーティーに参加した良識ある人が警察に通報して発覚したが、良識の持ち合わせが無い人々だけだったら限界集落=大麻地帯になってしまうところだった。
これからも都会から田舎に移住する人々は増えていくのだろうが、このような事態があると地元では疑心暗鬼になってしまうだろう。
さらに、外国人の移住増加がこれに拍車をかけることが予想されるので、平穏な田舎暮らしを脅かすことが懸念される。
雑踏にまぎれるのか、過疎地に潜りこむか、危険地帯の増殖が続いている。 
posted by みのさん at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月24日

雪が降ってきた

白馬ではほんの少しだけど。
東京では54年ぶりらしい。
テレビ中継をみていると、少しばかり大げさに騒いでいるようにみえるが。
異常気象は毎年のように発生しているので、もう普通になってもよいころだと思う。
災害は何時おこるか専門家でも解らないので各自心得ておくしか術はない。
それでも懲りない人々が多いのは国民性なのだろうか。
行き当たりばったりで、事が起きてから動きだし、無責任な想定外・専門外で逃げ道を確保する。
これで合理性など追求するものだからお笑い芸人と同レベルで笑止千万。
「明日雪が降るらしいからクルマのタイヤをスタッドレスタイヤに交換したくてタイヤ販売店にもう2時間順番を待っている。」と昨日放映されたが、タイヤ交換など自分でやればよい。1時間もかからない。
このような人は免許証をもっていても運転すべきではない。
雪道ではなおさらだし、安全とは自ら公共を守るものだ。
雪がしんしんと降っている。
根雪にはまだだろう。




posted by みのさん at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月21日

時をかけぬけた少女

テレビの音声が自然に耳に入ってきて、なんと原田知世が49才になったとのこと。
これだけでは無くて、驚くべきことにブルーノート・東京で歌を12曲も披露したのだそうだ。
2016_11_21_9999_1.jpg切り抜き2.jpg
確か14才でデビューしたので、かれこれ35年もの時が経過していることになる。
自分のことはさておいて、少女もとうに小母さんにまで成長したのかと感慨深くなる。
私の中では歌の下手なアイドル三人衆のなかの一人として、レコードをかけるときは何時もはらはらしているのだ。それが何と歌手紛いのように聴衆の面前で歌うとは。
まあー、最近は歌が巧いとかは問題ではないのかもしれない。
2016_11_21_9999_3.jpg切り抜き.jpg
それにしても、時をかけぬけた少女は11月28日に50才に到達する。
もう50才以上はほぼ同年代なのだから、なんか身近な存在になったような気がしてきた。
何時音程が外れてもおかしくない原田知世の「時をかける少女」を心臓の丈夫な方に限定してお勧めします。
クリームたっぷりの珈琲を飲みながら聴くのもおつです。
posted by みのさん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 押しつけの一枚

2016年11月17日

紅葉の絨毯

昨日・今日と冷え込んでいて寒さが身に沁み入る。
このところの落ち葉はすざましい量で落下し、一日サボるとその分かたずけが大変になっている。
ナラ系どんぐりの落葉樹は半分程度の木々で落ち切ったようだが、まだ元気に葉をつけているものもある。
二日がかりで落ち葉のかたずけを終えたのも束の間、今度は紅葉が絨毯のようになっている。
2016_11_17_9999_14.JPG
緑の苔の上に落ちた紅葉の鮮やかさがが際立ち美しい。
今日はこのままにして明日かたずけるとしよう。
北アルプスにかかる重い雲の中では雪になっているようだ。
もうすぐ麓にも積もらせることだろうから冬支度を急がねば。
2016_11_17_9999_3.JPG
健気にもプリンセス・モナコは今年最後の花を咲かせようとしている。
posted by みのさん at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月14日

CANTABILE

オーディオを趣味にしていると音の調整に必ず出番がでてくるディスクがある。
ここを間違えるととんでもないところに行ってしまうことがあり途方にくれることになるので怖い。
お陰さまで最近は過去の幾度となく地獄から這いあがってきた経験から大きな間違いは犯さないようになった。
それでもどうしても納得のいかない音が再生されると自分を疑ってしまうこともあるものだ。
このディスクの所為でこのところ自己不信に陥った。
2016_11_14_9999.jpg切り抜き.jpg
幻の名器、ストラディヴァリス・デュランティのファースト・セッションなのだが、音質的にどうしても我慢できなかったのだ。
潤いは全く感じられなく、厚さや色艶などは中途半端で、がさついたストラディヴァリスは聴くに堪えない。
試しに再生したセカンド・アルバムの「LIEBESTRAUM」になると不満は解消してしまうのだ。
300年の眠りから覚めたばかりなのは織り込み済みなのだが、ディスク自体の所為なのかオーディオの欠点なのかの判断を迷っていた。
このままでは夜も安眠できない性質なので、オーディオ側の不備として一連のケーブル交代になってしまったのだ。
バイオリンの倍音成分のザラツキに主たる原因があるのではとの憶測からスーパーツィーターから手を付け始めた。
初めに電源ケーブルの交代を実行したがバイオリンはしっかりと歌わない。
次にスピーカー・ケーブルに目をつけてとっておきのケーブルに交代した。
これは効きましたが不満はまだ残ります。
きめの細やかさだけではなく音が素直に周波数の高いところまでのびているようだが。
次は、中高音域に移り電源ケーブルに始まりスピーカー・ケーブルの交換になるのは思っていた通り。
ここでも完全に納得できずに低域に移り、電源とスピーカー・ケーブルの交代になった。
結局、全ての見直しを実行する羽目になってしまった。
つまりは、オーディオ的に音のグレードアップとは全てを見直すことなのだと実体感した。
なお、マッキンシッシュXRTはステレオ・アンプ1台なので電源ケーブルとスピーカーケーブルの交代、スーパー・ツィーターのスピーカー・ケーブルの交代で治まった。
罪なディスクの所為で大作業になってしまったが、確実に一歩前進できたようだ。
ディスクがオーディオをつくるのを再確信できた次第。
歌うようにデュランティが奏でるようになった。
他のディスクも揃って音質向上になったので万歳。
posted by みのさん at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音の座標軸

スーパームーン

楽しみにしていた68年ぶりということは生涯初めてのスーパームーンですが、夕刻から雨降り模様になってしまい叶いません。
しっかり兎さんの餅つきを観測し映像に残そうとしましたが仕方ありません。
残念ですが東北地方方面のテレビライブ映像で楽しむことにしましょう。
天は我を見捨てたか。
posted by みのさん at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月09日

初雪の舞

昨夜半から雨が雪に変わり夜明けからは風に舞っています。
白馬山麓にも初雪が来ました。
2016_11_09_9999_5.JPG
少しばかり遅れた紅葉に白色が入り、これもまた見事な紅葉の演出になりました。
しかしながら、この後の紅葉は凍えて直ぐに枯れてしまうので無情の初雪となります。
2016_11_09_9999_4.JPG
秋から冬に衣替えが始めました。
posted by みのさん at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月07日

(重要)八方尾根スキー場の割引リフト券販売中止について

昨シーズンまで洗濯船ではご宿泊のお客様の便宜を図るため八方尾根スキー場の割引リフト券を販売していましたが、今シーズンからまことに残念ですが諸事情により販売を止めることになりましたので事前にお知らせします。
八方尾根スキー場の割引券はインターネットやコンビニなどでも入手できると思いますので、情報収集するなどご準備してからお出かけください。
なお、今シーズンの八方尾根スキー場は白馬バレーの関係からか回数券が廃止されるとの事ですので併せてご留意ください。
posted by みのさん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2016年11月06日

深まりゆく秋

今日は何時降り出してもおかしくないような湿気がたっぷり漂う薄暗い天候になった。
このような時の紅葉は何となく色濃く感じてしまう。
2016_11_06_9999_10.JPG
洗濯船は紅葉の中に建っているようだ。
2016_11_06_9999_7.JPG
裏庭の紅葉も日一日と色づきを強めている。
おそらく今週中には初雪が麓に来るような気がしているが、未だ落葉していないところへの降雪は枝折れがあったりして大変なことになる。
白馬一帯のスキー場は19日にオープンを予定している。
posted by みのさん at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月04日

交代(四歩目の冬支度)

今日は穏やかな小春日和となった。
日中の気温も10℃を超えて暖かく感じるのは季節にうまく順応しているのだろうか。
2016_11_04_9999_13.JPG
このような時にこそ面倒な冬支度をせっせと済ませておくのが肝心なところと悟ったのは知恵がついた証拠だろう。
そんなこんなで一台目の車のタイヤ4本をスタッドレスに交代することにした。
予報によると来週には朝方の気温がマイナスになるようなので凍りついた道路の走行安全に配慮したものだ。
寒いと体が軋み腰を痛めたりするのだが、今日は順調にセット完了できたと思うがさて如何に。明日を待とう。
北アルプスの山々はすっかり雪化粧しているが、麓辺りでは紅・黄葉真っ盛りになっている。
2016_11_04_9999_3.JPG
裏庭の紅・黄葉も見ごろになっていて、静かに独り占めできる至福な時間が流れていく。
2016_11_04_9999_2.JPG
庭では蔓性竜胆が静かに咲いている。2016_11_04_9999_28.JPG
冬がゆったりと確実に忍び寄ってきているようだ。
posted by みのさん at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月02日

冬からの使者

今日の朝方は冷え込みました。
暖房を入れないと起きるのが億劫になります。
それでも霜は降りてこなかったようで鉢植えも無事でした。
洗濯船界隈は紅葉の真っ盛りまで今少しですが、落ち葉は毎日毎日降り続けていますので掃き続ける必要があります。
日中には青空が広がってきましたので見上げると、北アルプスの稜線から標高にして1500m辺りまで雪景色になっていました。東側の山々では妙高から飯綱、雨飾山の中腹も白く化粧をしていました。
地元では3回の雪化粧の次は麓に来ると言い伝えられているようですので、冬支度を加速しなくてはと焦ってきます。
冬の使者のおかげで白馬は三段紅葉の見ごろになりました。
posted by みのさん at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2016年11月01日

災難は忘れないうちにでもやってくる。

ライブな部屋が一段落したかと思う間もなく地下にうごめく悪魔は囁き続けている。
カレンダーが残り2枚となった日は生憎の天候となり、絶好のケーブル作製日和になってしまった。
GEMのスーパーツィーターのSPケーブルとの相性をとるため、JBLM9500のホーンと4本の35cmウーハーへのSPケーブルの選定は慎重かつ大胆に決定しなければならないのは言うまでもない。
先ずは、ホーン用にライブな部屋にも採用した1940年ごろ製のベルデンの48本の撚り線をピックアップした。
現在までは、同じベルデンの2芯単線を使用していた。この2芯単線は元気でかつ緻密で太い音であり、ホーン用としては満足度の高いケーブルだった。
これを難儀しながらベルデンの撚り線へと交代したわけだが、音の緻密さや輪郭が増した上に太さもあり、何よりもボーカルがより自然体になった。女性の大口はすっかり影を潜め美形の様相になったのは嬉しいことだ。音像の広がり感や透明感もほどほどで丁度良い塩梅だと感じた。オールド・ベルデン恐るべし。
続いて、ウーハー用にはとっておきのケーブルをチョイスした。
現在はWEの22AWG単線を使用しているのが、巷で噂されている軍用の撚り線ケーブルで、音の押し出し感、アタック感、スピード感と三拍子揃った低域専用御用達と言われていて1950年ごろに製造されたものだろうとの憶測しか解らない。7本の撚り線なのだが、うち4本は普通の銅線に錫メッキされていると思われ、残り3本は材質不明の極硬質な撚り線となっている。ケーブルの作りはベルデンの災害用と同様にしっかりしていて安心感は絶大だ。
JBLウーハー用電源ケーブルのフジクラの3.5sqとの相乗効果は大いに期待するところだ。
因みに、スーパーウーハー用のSPケーブル、WEの16AWG撚り線には手を付けられなかった。この46cm2発の入ったボックスを移動する気力・体力はとうに失せて存在していないのだ。
さてさて肝心の音出しなのだが、
ボーカルアルバムは、セリア「ポート・オブ・コール」。
2016_11_01_9999.jpg切り抜き.jpg
ライブな部屋はデンマーク人だったのでデットな部屋にはノルウェー出身の美人との誉れ高いシンガーを選定した。デンマークのときとは違ってブロッサム・ディアリーを若くしたのようなキュートなコケティッシュな歌唱を聴かせてくれた。流暢な英語での発音も聞き取りやすく音のキツサは感じなくなっている。
次にSACDのストコフスキーの「ラプソディズ」。
2016_11_01_9999_1.jpg切り抜き.jpg
1960年に録音されたこの音は凄いことになった。リスト、エネスコ、スメタナ、ワーグナーととどまるところを知らない演奏が繰り広げられた。このSACDはもしかしたら、アナログを凌駕したかもしれない。
特にオーケストラの弦楽器が存在感がありのままのようだ。
こうなったら音が良いとの定評がある、ヘルゲ・リエン・トリオ「スパイラル・サークル」だ。
2016_11_01_9999_2.jpg切り抜き2.jpg
ボーカルと同じノルウェー発のピアノ・トリオが北欧の空気をデットな部屋に充満してしまった。
とにもかくにも、一歩前進したような気がしてきたのは間違いないところだろう。
しかしながら音に慣れてくると粗が見えてくるかもしれないので油断はできない。
問題はなお残っている。
ここだけの話だが、スピーカー端子までは色々なケーブルを選択したが、端子からスピーカーへの接続ケーブルは、ホーンはWEの22AWG単線、ウーハーは上段がWE22AWG単線、下段がWEの20AWG単線にしてしまっている。
ホーンとウーハーを外してケーブルのチョイス・交換などやっていられるか、と、自問自答はすべきではない。
寝つきの良くない日々とはさっさとお別れしたいものだ。
posted by みのさん at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | デットな部屋