2019年09月23日

糸魚川・川西谷

丁度一週間前になるのだが、白馬公民館主催の歴史紀行「糸魚川・川西谷」に参加してきた。
講師は、何時もの田中元二氏で、今回は藪こぎなどの難儀は無いと思う。
以前に川東を参加したので、今回も何とか参加できるように神頼みしていたところ、巧く抽選に当り参加と相成った訳であった。
川西は新潟県に注ぐ姫川の左岸に当る場所で、塩の道沿いでもある。
小滝から左に折れて朝霧地蔵に行ったが、生憎の雨模様なのでマイクロ・バスの車内からながめるだけにした。この地蔵は、小滝村の百姓が年貢を納めに行った帰り道で雪崩に遭い、死者やけが人を出す惨事が起きたことを供養してたてたものだ。この一帯は「山の神」として木々の伐採を禁止したとしているとのことだ。
塩の道にほぼ沿って進むと、菅沼峠にかかる。標高410mとわが家より350m程低いのだが、5月中旬まで雪が残り、ここの峠からサカキやタケの自生地が見られ、植生が変化するのが解る。
峠の北側に謙信・信玄の像が安置している。越後らしく大きい像のほうが謙信ということになる。
DSCN0010.JPG
ここから少し北進して不動滝に行く。
高オカミ(雨へんの下に龍と書く)ノ神の鳥居を抜けて、手前には名前の無い筋状の滝があり、その先に不動滝がある。
DSCN0011.JPG
滝壺には龍が住むと言われ、石を投げ込むと大雨を降らせるということなので、昨日、誰かが石を投げ込んだのだろう。傘が風とシブキと雨脚に吹き飛ばされそうになりながらも前進したものだ。
DSCN0015.JPG
ここから一旦日本海まで出て石灰で有名なデンカの広大な敷地をかすめて、かつて真言宗の金剛時の門前集落であった、寺地を過ぎ青澤神社に寄った。
DSCN0017.JPG
祭神はタケミナカタの母、奴奈河姫。古くは日連(ひづれ)神社といい日蓮権現と称していた。
DSCN0018.JPG
ここからは、親不知を明治天皇の行脚と同様に避けて、奴奈河姫の母と姫を祀る黒姫山の山麓を過ぎ、橋立の石灰の製錬遺構に立ち寄り、
DSCN0020.JPG
橋立金山を左に眺望しながら坂田峠を越して、上路(あげち)の十二神社に行き、北村喜代松の彫り物、「松に鷹」、「子連れ獅子」の名作を拝観した。
DSCN0023.JPG
因みに、親不知を通る路を「下路(しもみち)」と言うのだそうだ。
この集落には、山姥と息子の金太郎が住んでいるらしく、金太郎のブランコやお手玉をした石などがあり、山姥神社もあった。
DSCN0025.JPG
越後と越中の境にある境川を超えて境関所跡、護国寺に立ち寄った。
DSCN0033.JPG
護国寺には、境関所の奉行であった長谷川氏の、おきて破り(娘を他藩に嫁に行かせたこと)のため、一家もろとも惨殺されてしまった供養のための長谷川地蔵仏があったりする。
DSCN0042.JPG
ふたたび、境川を超えて越後に戻り市振関所跡や桔梗屋敷跡に立ち寄った。
松尾芭蕉の「奥の細道」には、ここ市振に宿をとった際の句が残っている。
「一つ家に 遊女も寝たり 萩と月」と詠んだ句の宿が桔梗屋と伝えられている。
「遊女」とは、今で言うダンスが巧い地方巡業をするアイドルのようなものだったのだろう。神話では、天の岩戸の前で妖艶な踊りをしたアメノウズメノミコトがそのはしりだろう。
DSCN0052.JPG
この後、親不知・子知らずを、旧北陸線のトンネルなど歩きながら探勝したものだ。
DSCN0060.JPG
最後には、普段はなかなか行くことのない、見ることのない姫川の河口に行き、今日の歴史紀行の幕を閉じた。
DSCN0061.JPG
そういえば、白髭神社の祭神の名前が中々思いだせなかった田中先生だったが、暫くかかって猿田日子神を思い出せたので良かった。
こちらとしては、ハラハラドキドキしていて、如何しようか・口出ししようか、と焦ったのだった。
DSCN0026.JPG
とにもかくにも、今回の田中先生の講座では、前回のように廻っているうちに人が一人増えたりしなかったようなので、良しとしよう。
   親不知 子はこの浦の 波枕
        越路の磯の 泡と消えゆく

posted by みのさん at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2019年09月14日

ゆめしなの

今日お泊りのお客様はとてもラッキーだ。
DSCN5264.JPG
夕食は新米のうえ、特別栽培米の「ゆめしなの」なのだ。
この時季にだけ市場に少量出てくる貴重な「はぜかけ米」なので、美味しいのは当然としても入手できるかどうかは運次第。
今週運よく出会えたので即購入したものだ。
最初にこの新米と新栗を合わせて栗ご飯にし、完食してしまったのは言うまでもない。


posted by みのさん at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 味な洗濯

2019年09月12日

アケボノソウとアンプの修繕

今日は一転して涼しくなった。
明け方ごろは無意識のうちに布団をかぶっていた。
天気予報では晴れだったのだが、一瞬の晴れ間はでたものの、曇り空が大勢を占めていて北アルプスの眺望は利かない。
このような天候にお似合いなアケボノソウが開花した。
DSCN5231.JPG
明け方の空色のような花色に、星のような点があることから名前になったとのことだ。
清楚な花がうすぐもりの空気の中に浮かんでいる。
猛毒の天狗茸は未だ未だ増殖中なので、キノコ狩りは終わらない。
昨年通りだと、そのうちに食べられるキノコが朽ちた幹に一杯に出てくることになるだろう。
菌の世界も奥が深い。
昨日は、友人のオーストラリア人の家に行き、エスプレッソ・コーヒーをごちそうになりながら、真空管のアンプの修理をした。
去年きがついていたのだが、CD入力端子から音が出なかったので、アンプの裏ぶたを開けて確認したところ、見事にケーブルが脱落していて外れていた。
このアンプは、オーストラリア製の新品を購入したということだが、敢えて言わせてもらえば、回路を組み立てる際に、だらしのない端子接続をしていたことになる。
しかも、一度回路などに手を入れたりすると、保証外になると謳っているようなので、製造会社には事前に承認は得てもらっていた。
オーストラリアまで往復すると、時間もかかるが、航空運賃もバカにならないので、日本で補修しても良いとの確認をとった訳だ。
回路内には、他の人が手を入れれば直ぐ解る様な細工がしてあり、だらしない割には責任回避においては抜かりが無い。技術者のやりそうなことだと思うし、外国人のやりそうなことと思うのは、今や昔の事かもしれない。例外は勿論ある。
修理は簡単で、外れたケーブルを取り付ければよいだけなのだが、狭い場所での作業になるのでハズキルーペの世話にならなければならない。細い撚り線のカバーを剥いで数本の裸線をとり出すのに細かい作業をしていたら、友人は、「脳の手術のようだ」と、訳のわからないことを言っていた。慎重にカバーを外すのに30分くらい要したが、ハンダするのは、10秒で終わった。半田には最高級の銀入りハンダを使用したので文句は言わせない。
結局、友人は何をしたのか理解出来ていないようなのだが、購入してから初めて、CD端子から入力した出がでてきた音は、友人は勿論のこと大変満足だった。
当然アケボノソウは、何も知らないことだ。


posted by みのさん at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月09日

松川ローズ

今日も元気だ。それにしても暑い。
暑い時は、ストロベリー・アイスが涼しさを醸しだしてくれる。
DSCN5224.JPG
台風の余波なのか風が少しばかり強く吹いている。
昨日は大風が吹いても良いように、小さな鉢植えなどは避難させておいたが大事には至らなかったようだ。
何本かの枝が落下したりしたが、雨もそれ程は降らなかった。
鉢植えの松川ローズが開花した。
DSCN5227.JPG
今年の開花は無理と思っていたところなので、嬉しい限りだ。
半つる性なので地植えにしたいのだが、思っていたより寒さに強くは無いので悩むところだ。
スカーレット・ボニカは乱れ咲きしている。
DSCN5226.JPG
これはこれで暑さを思い起こしてしまうので困る。
北アルプスは厚い雲に覆われていて、暑苦しそうに見える。
例年に比べて残雪が少ないように思われる。
村の防災無線から、今年は熊の目撃情報が多いので、山に入る時は必ず二人以上で入り、ラジオなど大きめの音を出しながら歩くように、注意喚起している。
posted by みのさん at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2019年09月08日

涼しい場所

今日は一面に青空が広がり暑い。
この時季に外気温が30度近くまで上昇すると、だらけてしまうのは何時もの事だが、風が吹き抜けてくれるので助かる。
庭の苔と折れた枝の地衣類を器の中に入れているのだが、毎日の日課として霧吹きしている。
DSCN5210.JPG
この器の中で涼んでいるのはモリアオガエルさんだ。
霧吹きしたら気持ちよさそうにしていた。
DSCN5214.JPG
これを見ていたのだろうか、庭の石仏も微笑んでいたりしていた。
庭での掃除などしていると汗が滲んでくるので、長居は無用とばかり涼しい室内に避難した。
まだ扇風機を手放せないでいる。
posted by みのさん at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月07日

秋の気配

今日も好天になりやっぱり暑い。
それでも時折吹き抜ける風は秋風のように涼しい。
DSCN5202.JPG
庭では萩の花が咲き始め揺らいでいる。
DSCN5206.JPG
芒も穂がでてきて垂れていたりする。
日射しは強いが、真夏ほどではないことを肌で感じられる。
青空のもと気分は爽快だ。
posted by みのさん at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2019年09月06日

ゴルテルゼ

今日はだんだんと晴れ間が広がり、外気温は久しぶりに25℃を超えてお昼過ぎには28℃に達した。
こうなると、なんだか暑く感じてしまい、家じゅうの窓をフルオープンしてしまう。
鉢植えの薔薇さんたちも大喜びのようで、幾つか花を咲かせにかかっているようだ。
DSCN5194.JPG
このうち、いち早く咲かせたのは、ドイツ生まれのゴルテルゼで、鮮やかなオレンジ色が眩しい。
DSCN5196.JPG
一方では、フラワーガールが愛嬌をふりまいていて、これからどんどん咲きそうな気配になっている。
それにしても、まだまだ毎日のキノコ狩りは続いていて、一体どれだけの菌があるのだろうと驚愕していたりする。
車庫の上に花壇を作るべく進めているところなのだが、好天候が続かないので、いったい何時になったら完成するやらおぼつかない。
そよ風が家の中を吹き抜けると一瞬涼しく感じるが、ダラケタ心身は回復しそうにない。
posted by みのさん at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2019年09月05日

鹿の子百合

この頃も、毎日雨降りがあり、何とも蒸している。
庭ではキノコが毎日出没してくるので、キノコ狩りが続いている。
DSCN5176.JPG
鉢植えのユリ、鹿の子百合が一杯に花開いてくれた。
半日陰がこのみと言うことなので、軒先の下に置いてある。
地植えにしたいのだが、この百合根が鼠の大好物と言うことなので、躊躇してしまっている。
DSCN5178.JPG
ハマナスは、今年に入って三回目の開花になった。
DSCN5169.JPG
二色の桔梗は何時もの所で開花し始めている。
DSCN5191.JPG
レンゲショウマは、沢山の蕾を付けている。
結構にぎやかだ。

posted by みのさん at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2019年08月31日

豊作

久しぶりの太陽が世間を明るくしてくれている。
大凡一週間ほどの雨降りが続いたので、空気中の湿度がずーっと高めで推移した。
庭の苔さんは大喜びしているのだが、花さんたちは私と一緒にしょげてしまっている。
DSCN5140.JPG
そうした中で、苔さん以外にも喜んでいたのは、ヤマドリダケだ。
庭の一地域では、彼方此方から顔を出していて豊作となった。
DSCN5147.JPG
とりあえず、見つけたものから一か所に集合してもらったが、未だ気づかないところにも鎮座していることだろう。
DSCN5152.JPG
シラヒゲソウは次々と開花してくれていて、今年は沢山の花で、これも豊作になった。
ヤマドリダケ以外のキノコでは、白いテングダケがこれも豊作になっている。
日照不足が気がかりだが、露地野菜類には影響がでていて、稲は豊作になるのだろうか。
暫く晴れ間が長続きしてくれるとよいのだが。
posted by みのさん at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月26日

晩夏の親海湿原

今日も爽やかで気分が良い。
晴れたり曇ったりの繰り返しだが、山麓は晩夏に入ってきたようだ。
歩いていても汗をかくことなく、風の心地よさが感じられる。
こんなんで、買い物ついでに親海湿原に立ち寄ってきた。
2019_08_26_6135.JPG
この季に親海湿原に訪れる人は少ないと思っていたところ、お一人だけが植物の写真撮影をしていた。
元々は地元の方で現在は大町市に住んでいるそうで、山麓の植物を専門に写真をとっているとの事。
少しばかり立話の後、最初に可愛い白花が出迎えてくれた。
2019_08_26_6136.JPG
アギナシで、昔は田圃などで雑草と扱われていたのだが、農薬の所為で激減していまい、今や準絶滅危惧種になっている。
2019_08_26_6143.JPG
先に進むと、ヨツバヒヨドリの親海種であるサワヒヨドリが咲いていて、ヒョウモンチョウが停まっていた。
2019_08_26_6146.JPG
さらに進んでいくと、コバキボウシの花があって、そろそろ終盤頃のようだ。
湿原の一番奥の方では、サワギキョウが、今や盛りと咲いていた。
2019_08_26_6148.JPG
この後、山裾を通って戻るのだが、先ほどお会いした人が先週この地で熊さんと出くわしたそうで、慎重に歩を進めることにした。
生憎、熊さんとは遭遇することは無かったのだが、大きめの蛇さんが道を途中まで先導してくれて、本当は有難迷惑だった。
蛇さんには形式的にお礼して、そくさくと湿原を後にしたものだ。
この帰りついでに姫川源流にも立ち寄ったが、珍しく梅カモの花が咲いていなかった。
2019_08_26_6139.JPG
オオハナウドやオオバセンキュウが元気にしていて、フシグロセンノウもいっぱい咲いていた。
2019_08_26_6138.JPG
帰り道沿いの三宝荒神社にもご挨拶してきたが、何時も気になるのは、鳥居の注連縄の巻き方が逆になっていて、これでは神様も困惑してしまうだろう。私に祟るのは止してほしい。
2019_08_26_6160.JPG
とても爽やかな散策だったのは言うまでもない。
posted by みのさん at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風