2020年02月18日

音締め

今日は雪景色が復活したものの、時折ブリザードの様相になっている。
この季に、わざわざオーディオと音楽を聞きに来るお客様が、今日から三日間九州からご来館になるので、少しばかりオーディオの調整を行うことにした。
そもそも、今季は雪不足のため、除雪する時間が少ないこともあり、スピーカーケーブルにちょっかいをだしていて、マッキンもJBLもスピーカーケーブルへの手だしが、もれなく行われているのだ。
今回の音の特徴というと、「音に角をつける。」と言った塩梅で、とても一般的とは言えない代物だ。
目指す音が巧く行けばよいのだが、中々そうは問屋が卸さないので、自前で作製するのは何時もの事だ。
とりあえずは、お客様が聴いていて不快にならないようにしなければいけないので、面倒なのだが、スピーカーそのものに手を入れることにした。
何をするかと言うと、それぞれの単体スピーカーを支持しているネジのトルク調整をするのだ。
DSCN0283.JPG
先ず、マッキントッシュのミッドとウーハーのネジを全て締める方向に10°程回す。
こうすることで、今までふくよかな中・低域音がキリッと締まり、多少角の立った高域と相性がよくなる。
DSCN0284.JPG
ここで止めておくのが常道なのだが、あろうことか、高域のツィーターまで、締める方向に約5°回してしまった。
此処まで締めあげると、情緒性は取り払われてしまうのだが、各楽器の音はより鮮明になるので、まあー、良いとしておこう。
得るものがあれば失うものがあるのは世の常と、言うではないか。
また、スピーカーケーブルのエイジングは道半ばなので、これからも経過時間とともに音の変化が起こる。
地下のJBLも当然我が手にかかっていて、此処で描き切れるものではないが、例えば4ウェイの中音域のパワーアンプを交代させたので、その音域にあった電源ケーブルをあてがったりしている。
この冬は手がつけられないほど手だしをしている。

posted by みのさん at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2020年02月16日

どしゃ降りの雨の中で

徘徊しているのは外国人。
さすがに、スキーに出かけたものの、この雨脚の中では撤退を余儀なくされたのだろう、ずぶ濡れになりながら帰ってくる外国人の姿がある。
やることが無くなってしまうと、徘徊するか、食べ物屋に並ぶか、何処かの場所にたむろするしかないのだろう。
ツアーの途中だからと言って日程は変更できないので、自由に楽しむしかない。
まあー、知られざる白馬村を発見してくれれば、それはそれで観光地としては良いことなのかもしれない。
洗濯船ではどうするのかと言うと、掃除に明け暮れるので、徘徊する余裕は今のところない。

posted by みのさん at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月15日

暖冬らしさ

今日は日中の外気温が13℃まで上昇し、辺り一面雪の覆いが取れてきた。
早朝からバックカントリーに出かけたお客様は、積雪の少なさと雪崩の注意報からか早々に引き揚げてきたようだ。
明日の天候は雨との予報があり、益々雪の量が減っていくことだろう。
洗濯船の庭では、春の訪れと勘違いしている植物もあり、この先どうなってしまうのだろう。
一方で、寒さの苦手な身としては、例年よりすこぶる体調が良いようだ。
手足の「あかぎれ」の程度は軽くすんでいる。
冬のシーズン前に行った屋根の洗浄の効果か、雪の残骸や欠片など、もはや一つも付いていない。
苔の緑が生えている。
posted by みのさん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月12日

雲間に

青空の中に怪しい雲が漂うので、散歩に出かけることにした。
唯の散歩では面白くないので、岩岳スキー場の様子見を兼ねて、ゴンドラに乗って頂上をめざした。
勿論、スキー靴を履いて、スキーの板を持ち、ウェアーや手袋、ヘルメットとゴーグルを常備している。
DSCN0273.JPG
山頂から少しばかり北側に移動し、カメラをとりだし、怪しい雲の撮影を開始したところ、遠近法のような景観になってしまった。
DSCN0268.JPG
視点を右に移すと、帰らずの嶮が丁度雲間にあり、浮かび上がっていた。
せっかく頂上まで登ってきたので、10本程滑走して、今日はゴンドラ乗り場まで何とか滑って降りてこられた。
今季初の出来ごとだ。
posted by みのさん at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月09日

出動

昨夜半からの降雪は15cm程になり、辺り一面雪景色と相成ったところ、午前7時ごろになって除雪車がやってきた。
今シーズン二回目の出動なのだが、如何せん時間帯が悪く、スキーに出動するお客様もいるので、迷惑この上ない。
しかも、相変わらず道路の雪を左右に押しのけて行くだけなので、名ばかりの除雪をしている。
これに引き換え、国道では丁寧な除雪をしていて、歩道の除雪もきちんとしていて、車道を歩かなくても良い。
これは当たり前の話なのだが、今シーズンに限った事ではある。
少ない降雪と回数の所為か、予算消化のためかもしれないと勘繰るのは、今までの醜態が思わせるので仕方がない。
わが家でもお客様の車が出動できるように、除雪車の造っていった壁を取り除くという除雪のため、除雪機を出動させた。
勿論、今季二回目である。
青空が広がっているが、風が強く、時々の突風で雪が飛び交っている。
やっと冬らしくなってきた。
posted by みのさん at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月07日

青空広がる

大雪の予報に反して積雪は5cm程度にとどまり、除雪車の出動も無く平穏な日々となった。
青空が一面に広がり、無風状態でもあるせいか、午前7時時点の外気温は、マイナス10℃と冷え込んだ。
さぞやスキー場の雪質はとても良いだろうと当てこんで、調査しに出かけてみた。
岩岳スキー場のトップから南に向かうコースは、雪の量は差ほど増えているようとは思えないし、雪質はいたって普通だと思う。
それよりも北アルプスの景色が、眼に飛び込んでくるので、滑走よりも撮影に心が動いてしまう。
DSCN0220.JPG
今日の帰らずの嶮は、一段と映えている。
DSCN0255.JPG
白馬三山もよいのだが、アクセントの雲が無いので、間が抜けてしまう。
贅沢は言っていられないので、滑走と撮影の時間割を考えながら、10本の滑走と50枚の撮影を1時間30分でこなしたものだ。
のんびりとした時間が過ごせたので、満足度はまあー高いほうだ。
posted by みのさん at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月04日

春の気配

今日は立春。
風もなく穏やかな天気になり、優しい日射しが照りつけている。
暦の上では春のはじまりになるので、「さもありなん。」と、庭を見渡せば、四月中旬ごろの様相となっいて、暦と季節が一致していて微笑ましい。
しかしながら、「これで良いのか。」と、暫くしてから、感じ入るのは、此方の方が鈍感になっているのかも。
昨日までのお客様とは、「春スキーだね。」と、話していたことも影響しているのかもしれない。
本当のところは、「これでは困る。」のだ。
スキーシーズン真っただなかなのにも関わらず、春の様相はいけないだろう。
下手をすると田圃に水が入らなくなるかも知れないし、植物は勘違いして蕾を膨らませてしまう。
とにもかくにも、こんなシーズンはお目にかかった事がない。
青空に真っ白な北アルプスが浮かんでいる。


posted by みのさん at 14:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2020年01月31日

あっ、と言う間に

齢を重ねた所為か、新しい年を迎えたと思ったら、あっ、という間に一カ月が経過していた。
色々な事を積み重ねている筈なのだが、時の流れが早すぎるように思う。
一月を顧みれば、雪が少ないことに終始してしまうだろう。
このような一月は、初めての経験なので、戸惑っているのかもしれない。
スキーに行く気にもなれないくらいモチベーションが落ちたままになっていて、気の上昇に転じるのは何時になるだろうか。
陰陽だと、偶数の二月は陰なので、三月の陽まで待つしかないのかも知れない。
唯一、一月の陽にあって上昇したのは、スピーカー・ケーブルのグレードアップであったような。
しかしながら、気分はグレードアップした気になっているが、結果として出てくる音がアップしていないとの疑心暗鬼になると、落ち込みは甚だしいくなるのは何時もの事だ。
一月の最後の日は、少しばかりの小雪がちらついている。
posted by みのさん at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月28日

久しぶりの降雪の後には

昨夜半から降り始めた雪であったが、湿気を多く含んでいるのか、落ちる速度がとても速い。
それでも今朝がたまでには、車の屋根上には凡そ5cm程が積もっていたものだ。辺り一面の雪景色は出現したものの、当然、これほどの積雪では除雪車の出動は無く、わが家も除雪機での雪掻きも必要はない。
こうした中、雪は徐々に雨に変わり始めて、ぐちゃぐちゃの道路に変貌し始めて、スリップしやすい状況になった。
このような日は外出は控えて大人しくしているのが無難だ。
お陰で、スピーカー・コードをいじり始めてしまったではないか。
これが始まると結構大変なことになるのだ。
危ない。

posted by みのさん at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年01月26日

高齢者への道標

事の始まりは、昨年の11月の中頃に届いた通知書だ。
「重要なお知らせ」と、赤線に囲われた赤文字が如何にも厳めしく、続く赤抜きされた白文字には「高齢者講習通知書」と、先のお知らせの倍はあろうかと思われる、これまた厳めしさをダメ押しするような通知で、認知症高齢者を見越してかのような、戦前・戦中の赤紙の様相を呈していると、勘繰りたくなるのは「意固地」の所為か。
閉じはがきを開封すると、上段には、免許更新の前に。「高齢者講習を必ず受けてください。自動車学校などですぐに予約をお願いします。」とあり、中段見開き左側には、親切に「講習を受ける機関」と、「お近くの自動車学校」、「手数料5.100円」とある。
下段左側には、講習に必要なものが列記されている。
右側の中断から下段にかけては、「予約メモ」として、講習日と受付時間が記入出来るようになっている。
このはがきで驚いたのは、何といっても自分が高齢者として一人前になっていることだ。
まあー、認知症予備軍であるのは間違いのないところではあるが、古希を迎えた途端に高齢者との指名はあまりにも形式的過ぎるのではないか。
仕方ないので、早速、お近くの自動車学校に記入されている「大町自動車教習所」に予約の電話をしてみたところ、免許証を見ながらの予約で無いと受け付けてくれない。これまた仕方ないので免許証を車から持ち出してきて、再度の予約電話となる。
電話での予約も結構面倒なのだが、講習日を聞いて耳を疑うことになる。2か月先の1月23日と言うではないか。自動車教習所は高齢者講習で結構繁盛しているらしい。
ふたつきも待たされて、指定した時間に大町自動車教習所に行き、受付すると、同じ講習を受けると思しき御人が、もたもたしている。何でも受付表の住所の番地が書けないのだ。受付表には、親切に名前と住所番地以外は既に記入されていて、番地・番号を入れるだけでよいのだが、自宅の番地が解らないらしい。しかも、少し耳が遠いようなので受付嬢の話が聞きとれないようなのだ。はたして、このような事で免許の更新は出来るのかと、人ごとながら心配してしまう。
いよいよ講習に入ると全部で8名なのが解った。講師は教官で、まず簡単なレクチャーがあり、続いて三つの眼の検査にはいる。ここで8名は二つの班に分かれ、70から74歳、75歳以上で班別に検査を行った。
視力、視野、動体視力の検査なのだが、75歳以上の班の中に、未だ見えるはずもないのに見えてしまったりする人がいて、教官から、「せっかちですね。」と褒められていた。
北安曇地域は、危ない車の多いのは解っていたが、さもありなんと、妙に納得してしまう。
次は、実技講習として、教習所のコースをほぼぐるっと半周するのだが、受講生の中から、「パックが無くて助かった。」との声が幾つか上がった。
実技講習では、70歳から74歳の班では一番若かったらしく、一番目に指名された。
前を走る車には75歳以上の受講者が講習をうけているのだが、直ぐ後ろを走る此方の車の教官からは、「信号を右折してください。」と、言われたのだが、前の車は方向指示器を左に出して左折しようとしていた。この車は少し行ったところで、教官に注意されたのか、急に進路を右に変更した。此方は近づくのは危ないので、暫く信号で止まっていた。
実技講習の中身と言えば、S字カーブと前方の障害物を避けること、信号や一時停止が出来るか、ぐらいであって普通に運転が出来る人ならなんら問題は無いはずだ。
正味二時間の講習で最後に教官から、この高齢者講習の受講者からいろいろと問題提起があるらしく、「教習所の講習車は慣れていないので運転しづらい。とか、普段は軽自動車を運転しているので、普通車の運転は難しい。とか言われますが、普通免許を所持している人は平等に教習所の普通車での講習になります。」と、締めの言葉があった。
見たところ、とりあえず8名全員「高齢者講習終了証明書」をもらったので、危ない運転の蔓延は収まりそうもない。
この形式だけの講習では、高齢者の自動車事故は減るどころか、高齢化とともに増えていくばかりだろう。
一番恐ろしいのは、自分自身が高齢者ドライバーであるということだ。
posted by みのさん at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記