2018年08月20日

絶好の登山日和に

昨日は、BBクラブのみなさんと雨飾山に登ってきました。
総勢10名なので、10人乗りのレンタカーを借りて、午前4時に洗濯船を出発しました。
登山口の雨飾山キャンプ場の駐車スペースが狭いので、早く到着してスペースを確保する必要があるのです。
約一時間後にキャンプ場に到着し、運よく駐車スペースも確保できたので、歩行時間を片道一時間程度短縮することができました。
車の中で朝食を済ませて、5時半ごろには登山を開始しました。
雨飾山の登山は、まず下山から始まります。
暫く川沿いの道を進むと、急坂がいよいよ始まります。
途中に私のお気に入りの場所、ブナ平までは一時間弱ですので、ここらで一服休憩をするのがお決まりになっています。
急坂を登り切ってから、下り坂が始まると荒菅沢がもうすぐです。
今年は猛暑のため雪渓の雪がほとんど融けていまっていたので、水が流れているか心配だったのですが、しっかり流れていましたので安心しました。
此処で足りない水を補給することができます。
DSCN3128.JPG
ここからの布団菱の眺めは、格別でした。
BBクラブの皆さまと布団菱の雄姿。
DSCN3130.JPG
荒菅沢からは本格的な急登になります。
ロープがあったり、梯子がかかっていたりして、緊張する場面が多くなりますので、疲労も積み重なります。
登りきると辺り一面のササが生茂る笹平にでます。
ここから仰ぎ見る雨飾山の山頂と、右手方向に広がる日本海が壮観でした。
笹の中の道を進んでいくと、新潟県からの登山道が右手から突き当たる少し開けた場所にでます。
此処で、これからの頂上へのアタックのための休憩をとって、頂上まで一気に登る事にします。
ハイ・シーズンになると、この頂上直下で渋滞が発生してしまうこともあるのですが、今日は順調に登ることができました。
先ず、双耳峰の北峰に行き、360度のパノラマを堪能して、羅漢上人が設置した石仏に感謝してから、三角点のある南峰に行き、大休止兼腹ごしらえをしました。
今日の山頂は、絶景のオカズに少ない登山者に恵まれての、幸福な食事会になりました。
雨飾山頂にて、この笑顔が全てを語っています。
DSCN3132.JPG
北アルプスの朝日岳から遠く槍ケ岳まで視界に入ってきました。
申し分ない時間を過ごして、これからは下山になります。
登りの時間より短縮にはなりますが、梯子やロープ、滑りやすいところは、下山のほうが危なくなりますのでより緊張します。
荒菅沢まで下降し、大休止してから、登り返して急坂を下りていきます。
ブナ平で少しばかりの休憩をして、ここから一気に下りきることになります。
午後から雲がでてきましたが、全員無事に下山でき、総じて絶好の日和になりました。
BBクラブの、BBの意味は聞きませんでしたが、ババァ・クラブに相違ありませんでしょう。
posted by みのさん at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2018年08月17日

大雪山系では初雪

今日の朝は寒くて目が覚めてしまった。
外気温をみると15℃になっていて、道理で真夏用の毛布掛けでは寒いはずだ。
今日、北海道の大雪山系では、ひと月以上も早い初雪を観測したとのことだが、8月の降雪は観測史上最速とのことだ。
確かに、6月の梅雨明けも最速を記録しているので、季節がひと月以上前倒ししていることを思えば、さもありなん だろう。
こうなってくると、紅葉の時期にも降雪もあり得ると思っていないと、全てに手遅れになってしまうことが予想されるので、ひと月早めの準備を進めることにすることにしよう。
DSCN3124.JPG
紅葉の前に北アルプスの稜線に降雪があるかもしれない。
次の日曜日はお客様と雨飾山に出かけてくるのだが、何とか天候は良い方なので期待しよう。
posted by みのさん at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月16日

大雨警報発令中

久しぶりの大雨です。
予想される雨の強さが153mmという、とてつもない猛烈な雨の予報がでていますが、納得してしまうほどです。
洗濯船の前の道路は河と化していますし、庭は大きな水たまりが出現しました。
白馬だけでは無く、小谷村と大町市にも大雨警報が発令されています。
このような時はじっとしていることが何よりでしょう。
「降り止まない雨は無い」と、念じて時間を追っていくことにします。
雷さんも一緒なのですが、どうしたらよいのでしょうか。
posted by みのさん at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2018年08月15日

ひと段落

お盆の繁忙もひと段落と言ったところか、少しばかりの余裕がでてきたようだ。
今週末から来週の月曜日にかけて、雨飾山への登山を予定しているお客様をご案内することになっているが、一番の問題は天候如何に尽きる。
いまのところは、曇り時々晴れの天候になっているが、昨今の天気予報は当たり外れが多いので、当てにはならない。
こればかりは山の神様におすがりするしか手は無いが、萬の神様にもすがってみることにしよう。
今年のお盆連休は天候にめぐまれなかったが、それでも白馬を訪れてくれたお客様は、それぞれの楽しみを享受されたと思いたい。
今日も午後から天候が崩れて大雨になろうとしている。
いちはやく開花している鉢植えの薔薇を軒下に避難させたのは言うまでも無い。
2018_08_15_5263.JPG
体調はヘロヘロなのだが、可愛い花が慰めてくれているようだ。
そういえば、雨乞いした飯森神社にお礼をしていなかった。
大雨になるわけだ。
posted by みのさん at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月07日

聞き届けてくれた龍神

昨日の飯森神社にお願いした雨乞いを早速聞き届けてくれたのか、夜半から、モリアオガエルが鳴きだしたかと思う間もなくシトシトピッチャンの雨が絶え間なく降り続いたので、辺り一帯がシットリとして紫陽花やキウイの葉がピンとしている。
今日は水撒きの必要も無いことから、いつもよりゆったりできるので有難いかぎりだ。
DSCN3121.JPG
鉢植えの風露や薔薇も次から次と開花し始めた。
DSCN3118.JPG
暗い空間に色鮮やかな花たちが咲き乱れている。
DSCN3111.JPG
飯森神社の龍神にお礼参りに行かなくては。
posted by みのさん at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月06日

水流の無い川

今日の朝の散歩は、五竜のエスカルプラザまで往復してきた。
北アルプスの、五竜岳や唐松岳、白馬槍ケ岳と杓子岳の頂上付近には雲がかかっていて、迫力ある景観になっている。
DSCN3101.JPG
何故か、白馬岳だけには雲がかからず、はっきりとした頂上が望めている。
途中のオリンピック橋の上では、何か異様な景色に遭遇した。
DSCN3104.JPG
橋の下には、平川が姫川に向かって流れている筈なのだが、全く水が無いのだ。
五竜岳の残雪が底を突いてしまったのだろうか。
DSCN3108.JPG
田圃の水は大丈夫だろうかと心配になったが、稲はたわわに実っていたので一安心。
往き帰りに通る雨乞いの飯森神社で、雨雨降れ降れと祈願してきた。
posted by みのさん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月05日

プリンセス・ドゥ・モナコ

しみじみ薔薇は暑さに強いことが身にしみて解った。
毎日の水やりは欠かせないものの、次から次と蕾をつけてくる。
この蕾を狙って害虫と思しき正体不明の虫たちが襲いかかり、枯らしてしまうので何時も観視して追い払わなければいけない。
2018_08_05_5260.JPG
地植えと鉢植えのモナコが同時期に咲きだした。
2018_08_05_5252.JPG
おまけに姉さん格のジュビレ・ドゥ・モナコも咲き、華やかな状態になってきた。
2018_08_05_5255.JPG
オレンジ系のゴルテルゼは沢山の蕾を付けていて、何本かは開花しはじめている。
2018_08_05_5250.JPG
同色系のアンネも開花している。
今日も白馬は暑いし熱い。
長野県知事選挙と白馬村村長選の投票日でもあるからだろう。
わが身の午後は、しっかり休息することにしよう。
夏の暑さに負けない丈夫な体を持っていないので、涼しい日陰のベランダが指定席になっている。
posted by みのさん at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年08月04日

天気快晴なれど

暑い日が続いているが、北アルプスの縦走にはもってこいの天候と言えよう。
雷注意報は発令されたままなれど、雷鳴は聞こえてこないので、先ずは大丈夫だろう。
問題なのは、此のところの日照り状態つづきで、山上での水不足がある。
DSCN3071.JPG
麓の松川での水量が、通年の半分程度にまで減っているので、雪解け水が何時までもつのか心配になる。
DSCN3083.JPG
今月のサマースキージャンプ大会に向けて、練習しているジャンパーの姿を見かけないが、どうしたことだろう。スタート地点のリフォームをしていたようだが、これは終了しているようだ。
ランディングバーンへの水撒きをひかえているのだろうか。
麓周辺でも、杜の木々が葉を枯らし始めているようになってきているので、ぜひとも適当な雨降りを期待したいものだ。
とにもかくにも、飯森神社の奥社がある八方池まで雨乞いに行かなくてはいけないのかも知れない。
posted by みのさん at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月01日

暑いぞ!夏だ!ジャズだ!

うだる様なこの夏にはジャズが似合うと思う。
しかもブルーノートであれば申し分ない。
ガンガンに音量をあげて滴り落ちる汗を吹き飛ばしてしまおう。
最近システムに組み込んだ可変イコライザー・カーブはAESで完璧になる。
何故なら、昔ブルーノートのオリジナル盤を聴いた技術者が、AESカーブの音をRIAAカーブで聞いてしまったその音を、ブルーノートの音だと信じて脳にインプットしてしまい、リバティに移ってから各国でプレスできるようになっから、この音を基準にカッティングからイコライジングプレスしたものが再販されているからだ。
勿論、マスター・テープの劣化もあることから、オリジナル盤の音に近づけるべくイコライジングすることに罪は無いが、ブルー・ノートの音が、ライオンとゲルダーによる、さも特殊であるかのように吹聴するのは如何なものかと思う。
色々なレーベルで録音しているゲルダーが、ブルーノートでは大きく違うことは考えられないだろう。
特殊に聴こえたのは、AESのイコライザー・カーブをRIAAのイコライザー・カーブで聞くと、中音域がフラットから大きく持ち上がり、特徴的な音になるからに他ならない。
オリジナル盤をAESカーブで聴いてから、RIAAカーブである再発盤をAESカーブで聴くと、これがどんぴしゃりになる。
つまりは、再発盤のプレスで技術者がイコライジングした音そのものは、AESカーブに似通ってしまっているためだ。
試しに、この盤をRIAAカーブで聴くと、何か物足りなくなるはずだ。
夏の暑さに負けないように、この再発盤を、エンパイアD1カートリッジのロードインピーダンスを100kΩにして、風圧を楽しんだ。
先ずは、ゆったりと
2018_08_01_5247.jpg2.jpg
きびきびするために
2018_08_01_5246.jpg1.jpg
頭の中を空っぽにするには
2018_08_01_5249.jpg4.jpg
とどめにはこれが一番
2018_08_01_5248.jpg3.jpg
音が風のように吹き抜けていったのはよいが、暑さがぶり返してきたのには困った。
熱中症にならないうちに、ひんやりとした地下のデットルームにブルー・ノート・レコードとともに避難することにしよう。
posted by みのさん at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ黙示録

2018年07月31日

記録更新

なまくられている間に七月が終わろうとしている。
今日は、今夏で一番の暑さをデジタル寒暖計が示して、屋外といっても日陰の玄関で33℃になり、一階の屋内でも30℃を超えてしまっている。
こうなると、涼しい高原の白馬とは名ばかりになってしまうが、冷房のお世話にはならない。
湿気が籠るのを防ぐときにだけ、除湿するための運転をするのが慣わしになっている。
これは全てにおいて、スピーカーのコーン紙の為にだけに実行するものだ。
人間は慣れればよいし、慣れなければならない。
2018_07_27_5220.JPG
パパメイアンは、とうに慣れて暑そうに咲いているではないか。
これから本格的な夏がやってくるのかと思うと、少しは寒さを感じる事ができるかもしれない。
posted by みのさん at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記