2017年02月28日

ピアソラへのオマージュ

詩人パブロ・ネルーダの「不純な詩について」の言葉を借りれば、ピアソラの音楽は「人間の欠陥だらけの混乱状態そのものであり・・・古い衣服のように汚く、肉体と同じように、植物の染み、恥、皺、観察、夢、覚醒、予言、愛と憎しみの宣言、ばかばかしさ、衝撃、牧歌、政治的信念、否定、疑い、断言が染みついている」なのだそうです。
つまりは、全くもって「人間そのもの」だと言い得ているようで、身に詰まる思いがしてくるのは「人間らしさ」なのだろうか。
クラシック音楽界の鬼才ギドン・クレメールの「ピアソラへのオマージュ」は、クレメール自身が生涯最高と語っているアルバムとの事です。
2017_02_28_9999_2.jpg切り抜き2.jpg
ヴァイオリニストがバンドネオンやピアノの奏でるタンゴに乗ってパブロ・ネルーダにかわり語りかけているようです。
演奏曲は、
1.ミロンガ・アン・レ
2.ヴァルダリート
3.オブリビオン
4.鮫
5.カフェ1930~(タンゴの歴史)より
6.キンテートのためのコンチェルト
7.孤独
8.ブエノスアイレス午前零時
9.嫉妬
10.エル・ソル・スエニョ
11.ル・グラン・タンゴ
特に「孤独」、「嫉妬」は必聴です。
なるほど、クレメールにはこのようなアルバムもあったと思い返すことができます。
2017_02_28_9999.jpg切り抜き.jpg
バロック作品から近代スチェドリンまでよくもまあー弾き揚げたものだと感心し拍手したことを思い出しました。
ピアソラ自身のアルバムは中々入手困難なのですが、「モダンタンゴの20年」で自らの戦いの歴史を再現している場面に出会えます。
2017_02_28_9999_3.jpg切り抜き.jpg
鬼才から鬼才へのオマージュですが人間であることの感動を率直に味わえます。自身を人間であることを忘れていたり確かめたい方に一押しです。
posted by みのさん at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 押しつけの一枚

2017年02月23日

冠水にも注意

気温の上昇による融雪だけでなく大雨との相乗効果によるものなのは確かで、窪み状には水が彼方此方から押し寄せてきていて行き場所が見当たらずに冠水状態になってしまう。
洗濯船の前の道路も油断すると冠水状態になってしまうことがあるので排水のための溝作りをしているところだ。
同様のことなのだが、このところの白馬では冠水による道路の通行止めが発生していて、少し前には国道が冠水になり通行止めになった。今日は村道なのだが大北消防本部の前の道路が冠水して通行止めになった。
もし火災が発生したら一体どうするのだと不安になったがどうしようもない。
雪が排水路を塞いでいてしかも氷塊の状態になっている所為なのは確かなところだろう。
普段から排水路を確保しておくべきなのは言うまでも無いはずだがどうしてやらないのだろうか。
事が起きてからでしか動かないのは今やあらゆる事象で一般化しているのかもしれない。
とりあえず冠水にも注意しておくことが肝要だ。
posted by みのさん at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月22日

再び雪崩注意

この頃の天気は落ち着きがなくて困る。
大雨が降ったり大風が吹いたり大雪になったりして、ぐちゃぐちゃになったりブラック・バーンになったり車がスタックしていたり、これは道路のことなのだが。
この状況になると斜面では何時雪崩が発生してもおかしくない。
昨日の洗濯船でも屋根からの雪崩が幾度となく発生して、一度は頭に降りかかり、今一度は除雪機と一緒に襲われ雪まみれになったりしている。
屋根からの雪崩といえども油断は禁物なのだ。
八方尾根では20日から行方不明者が出ている。連日ヘリコプターでの捜索でも見つかっていない。
雪崩の痕跡があるようなので呑み込まれてしまったのかもしれない。
彼方此方何処でも頻発する雪崩に要注意。
posted by みのさん at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月17日

選ばれし人

今日は朝方から雨降りになり道路はつるつる・びしゃびしゃ状態になっています。
この状態から凍結してしまうとスケートリンクになってしまうのでとても危険なので車も徒歩も要注意です。
何とも盛り上がりのない銀嶺国体が昨日終了しました。選手より役員の数が多いとか、観客は一部の応援部隊だったりしているようで、一般の国民の応援は極端に少ないと思いました。ゲレンデは外国人ばかりが目立っているのは何時ものことなのですが。
その中にあって往年のメダリストである舟木と荻原が出場していることを地元テレビが放送していました。
失速で名を派した原田は監督となっていて「飛ばないのですか」との質問には「もう飛びません」と答えていたのが面白いと思いました。
国体とは国民体育大会の略称なのは誰でも知っているとおりですが、一部の都道府県代表選手が競い合う場になっていてとても国民には値しないのはどうしたことでしょう。
優勝した県は県民全体の体力が全国的に優れているとでもいうのでしょうか。
オリンピックも国の威信をかけているようですが、ドーピングまでして勝とうとする国は威信が保てると思うのでしょうか不思議です。
まあー、核開発で威信を保つよりは良いかもしれませんがおかしな事です。
結局のところ個人の優秀差をかけた戦いになっているのが現実でしょう。
ところで、昨日焙煎したコスタリカですが、焙煎後の安定には今暫くかかりますが、バランスの良さが際立っていました。普段は酸味に抵抗感があるのですが、この珈琲の酸味はスッキリとしています。液の色合いも赤葡萄酒のように透き通っています。
来週に再度味見しようと思っています。

posted by みのさん at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月16日

新入荷

2016年「Cup of Excellence」の栄えある1位受賞、Sumava de Lourdes 農園のコスタリカが入荷しました。
長時間かけて乾燥させるハニープロセス精製方法を行っています。
カップオブエクセレンスは、国際審査会での厳しい審査を経て最高品質の珈琲のみに与えられる称号で、一般には流通しないでインターネットオークションを通して最高値の応札者に販売されます。
到着したばかりの生豆ですが、異物以外のハンドピックは必要ないそうです。
2017_02_16_9999.JPG
早速焙煎してみましたが、通常の焙煎方法ではありません。
2017_02_16_9999_5.JPG
何とも言えない素晴らしいハニーな香りがします。
明日味わってみようと思います。
仕入れ価格がとても高いので現状価格での提供は無理なので全て自家消費になってしまうかもしれません。
posted by みのさん at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 味な洗濯

2017年02月13日

雪崩注意

この連休は大雪警報が発令されて、文字通り絶え間ない降雪に見舞われた。
毎日の除雪も一回では間に合わず朝方はお客様が駐車場から脱出できるするために早朝から除雪する。
夕方はお客様が駐車場に入れるように全体を除雪しておくことが肝要となる。
洗濯船では何とかなったのは良かったのだが、何ともならないところも多々あった。特に外国人が多くなった影響からかルールを無視して除雪した道路に自分の敷地の雪を出してしまう。元から日本人であってもルールを守らない人がいて、こういったことが増長してくると二車線の道路でさえ一車線になってしまい交通に支障をきたしてくるのは目に見えてくる。
また、見通しが悪くなるので道路の交差点の脇には雪を積まないように注意喚起しているが、ほとんど守られていない無法状態になっている。
身勝手な人々がグローバル化しているのは困ったものだ。
長野県の北部の戸狩スキー場ではパトロール3人が雪崩に巻き込まれて1人が死亡してしまった。パトロールが雪崩を避けられないのでは何人もダメだろう。それでも危険を顧みないスキーヤーは自己責任で命をかけるしかない。かけるほどのものかは個々に違うから何とも言えないが、無謀を認識できないのは無責任と心得るべきだ。
こうした中、明日から冬季国体のスキー競技が白馬で開催される。
雪の心配が無くなって何よりなのだが、余り盛り上らないのはどうしたことか。
この頃の八方尾根スキー場には日本人がより少なくなっているように思えるがこの所為かもしれない。
今日は時折雪がぱらつく程度なので除雪が捗る。
屋根からの雪崩に注意しなければいけない。
posted by みのさん at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月09日

そぼ降るのは

雪のようでもあり雨のようでもある。
はっきりしないのは仕方ないにしても、雪質が良くないのは問題だ。
硬く締ってしまった雪はもはや雪と言うより岩と言った方が実感的だ。
これが屋根から落下する際に発する轟音は一瞬だが鳥さんとともにびくついてしまう。
鳥さんは飛んでいって逃げることができるが、人間は僅かしか飛べないのは辛いところだ。
僅かでも運よく落下地点から良い方向へ飛べればシメタモノなのだが、落下後に転がって行く方向に飛んだところで目も当てられないのだ。
屋根からの落雪はまだしも、枝に積もっている雪塊は始末に負えない。
音も無く頭に落ちてくるので飛ぶことは叶わない。
昨年は車のフロントガラスにヒビをいれたりしたので注意しないといけないのだがヘルメットの着用までには至っていない。
事が起こってからでは遅いのは承知しているが自分だけは大丈夫と安直でいる。
そういえば氷柱が落ちてくると突き刺さるので、さらに危ない。
そのうちプロテクターが必要になるかもしれない。
危険と隣り合わせの毎日はスリル満点で飽きないものだ。

posted by みのさん at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月01日

羽衣

二月の初日は快晴になりました。
2017_02_01_9999_3.JPG
風もなく外気温が氷点下ですので空気も澄んでいて北アルプスの峰々が浮き出ています。
二階の和蘭「羽衣」が一輪花開きました。
2017_02_01_9999_2.JPG
開花間もないころは薄いクリーム色ですが、中心を除いてこれから少しずつ緑がかってきます。
静寂な世界に枝にのっていた雪塊の落ちる着地音だけが響いてきます。
posted by みのさん at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月31日

水浸し状態に

月末を迎えましたが、一昨日からの水分をたっぷり含んだ霙のような大雨の所為で彼方此方水浸しになってしまいました。除雪車がきて押して行くのはもはや雪塊ではなくて水塊です。洗濯船の駐車場も雨水をたっぷり吸いこんだ雪状態になったので四輪駆動車でも沈み込んでしまうので身動きできません。
このような時はじたばたしないで何もしないことが賢明というものです。
昨日の夜半からは大雪警報が発令され、僅かばかりですが雪が積もりました。
気温がさがったので雨を含んだ雪は凍りつきますので四輪駆動車が動かせます。
しかしながら下り坂道はスケートリンクのようなものですので要注意です。
ここでも何もしない、動かないことが肝心というものですが、そうもいっていられないので、日光が道路の凍った場所を溶かしてくれるころを見計らってから移動することにしました。
道路は水たまりになっていますがアイスバーンよりははるかに安全です。
1月の雨降りは3年連続になりました。
posted by みのさん at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年01月28日

穏やかな日

昨日とは打って変わって風ひとつ無い好天気となり穏やかな日になっています。
2017_01_28_9999_3.JPG
今日は洗濯船の正面の三角屋根にある大きな雪塊を取り除きました。
切味抜群の枝切りのこぎりを使用して少しずつ切落としていきます。
雪塊が一気に落下すると危険なので駒切れにしてと思うのですが思い通りにはなかなかいきません。
東側の雪塊が一気に大音響・地響きともに落ちてしまいました。
2017_01_28_9999_2.JPG
直径は180cm、厚さが60cmほどありこれが人に直撃したらひとたまりもありません。
屋根を滑り落ちたために薄くペンキをも削りとっています。
とにもかくにも正面の雪塊が落ち切ったので一安心、こちらも穏やか日になりました。
3月中旬のような雪質と4月のような外気温なのでもう春が来てしまうようです。
posted by みのさん at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 味な洗濯