2018年12月14日

初出動

昨夜半から本格的な雪降りになり、夜明け前には除雪車が初出動して、道路の雪を左右に押し分けていった。
今年初の一面の雪景色となり、わが家も除雪体制をとり、早速除雪車の押し分けていった雪塊を片付けた。
凡その積雪は、20p程度なので、どおってことはないが、風が吹きつけてくるととても寒い。
ぼおっと雪景色に見とれていたいのはやまやまなのだが、所用があるので出かけることにする。
今日一日雪降りとの予報なので、暖かく着込んで風邪をひかないようにしないといけない。
雪は未だちらちらと降っている。
posted by みのさん at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節風

2018年12月12日

地衣類いろいろ

名前はコケとついているが、古の分類の名残なので、致し方ない。
昨夜から降り始めた雪ではあったが、夜が明けると早々に融けてなくなった。
洗濯船の苔庭の整備は一段落したので、今日は寒い中ではあるが、庭の地衣類を紹介すべく歩き回ったりした。
樹の幹や岩に生えているので、何時でも何処でも観察できることもあり、普段はあまり気にかけないことが多い。
しかしながら、その生体は菌と藻とが共生していると言った不思議な美しさがあり、マクロレンズを通して見なければならない猥雑さをもってしても、侮りがたいのだ。
本来は顕微鏡を使用して、名前を確認しなければはっきりしないのだが、曖昧なところで名前を特定しているので、程良い加減と諦めてほしい。
ゴンゲンゴケ
DSCN3883.JPG
センシゴケ
DSCN3884.JPG
ナミガタウメノキゴケ
DSCN3885.JPG
ヤリノホゴケ
DSCN3902.JPG
チャシブゴケ
DSCN3931.JPG
チャシブゴケ レカノラメガロケイラ
DSCN3904.JPG
ハコネイボゴケ
DSCN3907.JPG
モジゴケ
DSCN3925.JPG
サネゴケ
DSCN3926.JPG
クサビラゴケ
DSCN3941.JPG
トゲカワホリゴケ
DSCN3953.JPG
ダイダイゴケ
DSCN3951.JPG
オオカノゴケ
DSCN3957.JPG
未だ未だ得体の知れない地衣類があるのだけれど、今後の課題としておこう。
30倍のルーペぐらいでは解らないのだ。
お陰で風邪が悪化したではないか。
posted by みのさん at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 蘚苔・地衣類図鑑

2018年12月10日

氷点下の日

今日は気分転換と所用があって長野市を経由して飯綱高原、戸隠高原に行き、鬼無里を廻ってきた。
DSCN3846.JPG
飯綱高原では、観光ポスターで有名な蕎麦畑からの戸隠連峰を眺望したが、もちろん蕎麦の花はとうに終わっていて、初冬の雰囲気がたっぷりだった。
DSCN3866.JPG
戸隠高原での有名所は、鏡池からの戸隠山なので、途中所々の雪道もあったが、最強の4WDとスタッドレスタイヤなので何の問題もない。問題だったのは、冷たい風が吹き抜けていて、湖上はさざ波が打ち、鏡ではなかったことだ。中途半端な雪山なのも、身体と心が冷えていく。
DSCN3875.JPG
寒中のドライブの続きは、観望峠からの眺望はあまり良くないので通過し、鬼無里を通り、白馬村に入って何時もの白沢峠からの北アルプス展望をする。夕刻近くになっていたので翳のような山々を目の当たりにする。
今日は一日中氷点下の外気温だったのにもかかわらず、普通の服装で行ったものだから、寒さが身に堪えたようだ。
posted by みのさん at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月06日

コケリウム参上

洗濯船の苔庭も大分落ち着いてきて、よく観察してみると沢山の種類がある。
これからは雪の中に入ってしまい、春の雪解けまでお目にかかれないのだが、今年はコケリウムにして身近に置いておくことにした。
DSCN3838.jpg2.jpg
蘚苔類と地衣類を、黒土を焼き固めた粒常の土をグラスの中に置き、水分を含ませて何時でも観賞できるようにした。
DSCN3844.jpg4.jpg
蘚苔類などを虫めがねで覗くと、思いもかけない景色が現れるので、驚きの連続になる。
posted by みのさん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 花図鑑

2018年12月04日

何か暖かいような

今日も天気予報が外れて雨模様になっている。
おまけに豪雨予報まであって、庭での作業を躊躇してしまう。
それでも今週末にかけては、ぐっと冷え込み雪降りになるとの、当てにならない予報がでているので、様子見していた薦巻きを敢行した。
とりあえず、石楠花と椿は薦巻きを完了し、雨と雷注意報の発令もあり、今日の作業は切り上げた。
例年は、手が悴んだり、体が冷え切ってしまうのだが、暖かいくらいだ。
外気温を見れば、16℃もあり、暖かいわけだ。
こんなことの所為か、苔やキノコが季節を間違えているようだ。
DSCN3833.JPG
暖かいのは助かるが、スキー場では気をもんでいることだろう。
北アルプスの稜線では雪がどんどん減ってきている。
posted by みのさん at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年12月03日

ケーブルの交代依頼

今日は予報では曇りのはずだったのだが、朝から雨模様なので庭での作業は延期することにした。
幸、昨日は好天気だったので、車のタイヤをスタッドレスに交代させておいた。
お陰で、腕の筋肉痛とやや背中の痛みがでて、今日は丁度良い安息日になった。
これは、室外での作業の話で、室内でのオーディオ用ケーブル作製作業は別の話になる。
最近、オーストラリアから日本に転居してきた、日本人のようなオーストラリア人を紹介されて、お付き合いしているところ。
この方は、私と年齢がほぼ同じようなのと、オーディオとジャズが大好きな、この頃では奇特な人種に入るので、この種の話し相手を見つけられて喜んでいるらしい。
最初の相談は、所持している真空管と真空管アンプの相性話から始まって、オーストラリアで使用していた200ボルトのアナログプレーヤーのスタップダウン・トランスの紹介、CDプレーヤーの一時貸出など、日本におけるオーディオの環境整備を推進している。
今年に入ってからは、私の作製した電源ケーブルとスピーカーケーブルを貸し出して、いままで使用していた汎用の電源ケーブルと銀コーティングされたスピーカーケーブルとの差、すきな音の傾向を確認してもらっていた。
そうこうしているうちに、11月ごろから、「相談したい事があるのでお茶しにきませんか。」とのお誘いがあり、余り待たせてもいけないので、11月の末日にお邪魔した。
相談内容は、お貸ししていた電源ケーブルが、いたく気に入ってしまったので、譲ってほしいことと、スピーカーケーブルも、長さを1.5mで欲しいとのことだった。
当初お話していた、「真空管アンプとウェスタン・ケーブルとの相性はすこぶる良い。」 とのことを実感したとのことだ。
また一人、ウェスタン・ケーブルの信者をつくってしまった。
こんなんで、早速冬の繁忙になる前に作製して届ける約束をしてしまったので、今日の作業になった次第。
お貸ししている電源ケーブルは、ウェスタンの20AWG単線を、このまま譲渡。
スピーカー用には、とっておきのウェスタン24AWG単線をチョイスした。
明後日にお届けしよう。
おそらく、これは始まりであって、これからが本番になるのは間違いない。
次は、RCAケーブルになり、フォノ・ケーブルと、泥沼に入っていくのだろう。
地獄の楽しみを分かち合えるのは、嬉しいものだ。
posted by みのさん at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マイクロ・グルーブ

2018年12月01日

積雪前の庭の手入れ

師走の初日は冷たい雨降りから始まったので、今日は外での作業を行わないことにした。
DSCN3824.JPG
昨日は庭の彼方此方に、剥げたりした苔の貼り付け作業や補修に精を出したので、今日の雨は苔を生き生きさせているようだ。
DSCN3830.JPG
この後、暫く雪の中で冬眠して、春になれば青々した姿を見せてくれることだろう。
DSCN3828.JPG
午後から一時的に雪が降る予報になっているが、その前に豪雨の予報もあるので、乾いた苔にとっては恵みの雨になるだろう。
室内では、小さな苔庭作りをしている。

posted by みのさん at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月29日

今年のEPC忘年会は

何時もこの時季に、少し早めのエコーランドペンションクラブの総会及び忘年会が、昨日の夜に地元でも評判のホテルGRY館で開催された。
忘年会の場所は、持ち回り幹事の重大責任で美味しい料理を提供してくれるところを厳選することになる。
なにしろ、この頃はそうでもなくなっているが、普段はお客様に料理を提供する側なので、舌は肥えているものなのだ。
私感なのだが、最近の忘年会は外ればかりで、美味しい料理には恵まれていないので、今回もやや危惧はしていたが、その通りになってしまったのは残念だ。
幹事の話によると、このホテルでは最近料理人が代わって良くなったとのことだったのだが、実際は食してみないと解らないものなのだ。
DSCN3822.JPG
一見豪華絢爛と思える料理の数々なのだが、最後の水菓子、食事・留碗の他は全てお膳に並べられていて、すき鍋以外は暖かい食事では無く、食事の米を含めほとんどが出来合いの料理だった。
以下、テーブルに置かれていた「本日の彩菜」と称するメニュー。
旬菜  紫芋豆腐
    きぬた巻き
    あおさのり豆腐
蓋物  蓮根饅頭
お造り 日本海鮮盛り合わせ
    鯛 甘えび
煮物  あらかぶの煮つけ
    たけのこ 小松菜 梅干し
焜炉  信州プレミアム牛
    すき鍋 ハリハリ仕立て
     信州プレミアム牛肩ロース肉
     白菜 葱 水菜 葛きり
蒸物  茶碗蒸し
     銀杏 鶏肉
冷鉢  信州野菜サラダ
焼物  柳さわらのほうば焼
食事  白馬村産 あきたこまち
留碗  自家製 信州味噌仕立て
香物  漬物
水菓子 本日の水菓子
         料理長 谷中 密遇
一見、見事な日本料理の献立なのだが、一つとして美味しくいただけたものは皆無だった。
おまけに、飲み放題付きの所為か、ペットボトルの烏龍茶も味の無い安物だったし、テーブルに出されていたビールは既にきが抜けていて、泡が出なくなっていた。
白馬において、天下のGRY館としては、このような事では全くもってダメだろう。
気の利かない外国人だったとしても、見栄えだけでの商いでは、お客は遠のいてしまうのが普通だ。
わが家に帰ってからのお茶の美味しかった事。
posted by みのさん at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 味な洗濯

2018年11月28日

朝食パンの交代

今まで朝食に提供させていただいた「厚切りホテル食パン」ですが、10月末をもって製造を終了してしまいました。
このため、色々と後継ぎを探しましたが、自然酵母を使ったパンなど製造しているところは多々ありますが、白馬の田舎ではなかなか満足できるパンには巡り合えないのが実情です。
嘆いていても仕方ないので、以前から気にしていた小さなパン屋さんが、お隣の小谷村にあるので、今後、此方の「食パン」に交代しようと思います。
DSCN3821.JPG
以前のパンの特徴は、ふわっとした食べ心地でしたが、これからはしっかりと締った食べ心地になります。
厚切りパンから普通の厚さになりますが、美味しさは格別ですので、お楽しみにしてください。
毎回予約の上、小谷村まで買い出しに行くことになりましたので、大変さが増しました。
posted by みのさん at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 告知板

2018年11月23日

初雪の舞

昨年より一週間遅く、一昨年より二週間遅く、今朝がた洗濯船の周りでちらほら雪が舞下りてきました。
ほんの少しだけなので、あっという間に跡かた無くなってしまいました。
八方尾根スキー場では、うさぎ平ゲレンデ辺りまで白く染まりましたが、明日以降日中の気温が高くなる予想ですので、直ぐに溶けてしまうことでしょう。
ゆったりと冬支度ができるのは大変ありがたいのですが、強い寒波の襲来が無いと、各スキー場は初すべりオープンがピンチとなります。
このままでは、とにもかくにも年末年始が心配になってきました。
それでも、そろそろスタッドレス・タイヤに交換することにしよう。
鉢植えの薔薇は、全て温室の中にいれたので、冬越しは大丈夫だ。
昨日・今日と寒い。
posted by みのさん at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記